2016.04.23

気付いてあげて!男子がついつい「気になった子」にしてしまうコト4選

「気になる女子がいても、うまく声をかけられない…」「好きなんだけど、好意がバレて避けられるのはイヤ…」という男子は多いでしょう。

しかしストレートに「好き」とは言えなくても、なんとな~く自分の好意をうっすら女子に伝えている男子もいます。

もし男子からこの行動があれば、好かれている証拠かもしれません。もしかしたら身近に好意を寄せている男子がいるかもしれませんよ?

1.小まめにLINE

「好きな子とは連絡を取りあいたいから、とくに用がなくても、なんとなく理由をつくって送ってしまう」(28歳/製造)

「基本あんまりLINEとかしない派だけど、気になる子からのLINEは即返信だし、絵文字もスタンプもつかう」(32歳/販売)

連絡不精な男子も、やはり好きな子にはマメになるようです。ついでに絵文字やスタンプで、普段よりも華やかな文にしているんだとか。好意を装飾で表現するのでしょうか?とても分かりやすいですね。

男子からマメに、絵文字やスタンプが使われたLINEが届くようなら、もしかしたら好かれている兆しなのかもしれませんよ。

2.つい目で追ってしまう

「視界に好きな子が入ったら、ついつい目で追ってしまう」(27歳/イベント)

「目の前を通られたら無意識にジーっと見ちゃう」(25歳/飲食)

好きな子のことをついつい目で追ってしまうのは、女子だけでなく男子も同じ。『あの人と最近よく目が合うな~…』なんて言うて場合は、もしかしたら彼があなたに見とれている可能性があります。

目が合ったらサッと視線を外すのではなく、そのままニコッと笑ってあげましょう。きっと彼のテンションは最高潮になっちゃうはずです。

3.助けてあげる

「頼られたい願望があるので、困っていたらすかさず駆け寄る」(32歳/美容系)

「好きな子がPCとかの使い方で悩んでいたら教えてあげてる」(29歳/金融)

好きではない子が困っていても、きちんと助けてあげて下さいね…(笑)でも好きな子だから、余計に助けたくなっちゃうんですよね、きっと。

それで、その子に「ありがとうございます♪〇〇さん頼りになる~」なんて言われたら、嬉しくなってニヤニヤしちゃうのが男心ってものです。 もし男子が優しく助けてくれたら、好意の表れかもしれませんね。

4.からかっちゃう

「仲良くなりたいし、じゃれたいから、ヘンにからかっちゃう」(25歳/公務員)

「好意がバレるのが恥ずかしから優しくできず、皆と居るときにその子を茶化して遊んでしまう。なのに二人きりの時は全く話せない…」(33歳/商社)

子供かっ!って言いたいですが、好きな人の前で素直になれないのは、何歳になっても変わらないんでしょうね。

本当は仲良くなりたいしさっさと恋仲になりたいのに、上手く仲良くなれなくてからかってしまう…なんて、いじらしくて可愛いです。彼が自分ばっかりからかってくる場合、好かれている可能性大です。

おわりに

いかがですか?

ストレートに自分の気持ちを言えない…という恥ずかしがりやの男子は、遠回しに好きな子に好意を伝えていることもあります。

あなたの身近にこんなことしてくる男子はいませんか?男子のちょっとしたサインはスルーせずに、きちんと気付いてあげて下さいね。(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)
(藤田富/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事