2011.07.20

現代人の味方スマートフォン▽AndroidとiPhone、アナタの好みはどっち?!

スマートフォンと聞いて真っ先に思いつくのは「iPhone」、という人は多いのではないでしょうか。確かにiPhoneユーザーは多く、スマートフォン普及の立役者であることは間違いありません。

一方、徐々にシェアを伸ばしつつあるのが「Android(アンドロイド)」です。では、iPhoneと何が違うのでしょうか。

ここではiPhoneとAndroidの違いを説明し、どんなメリット、デメリットが双方にあるのかを紹介していきます。

搭載するOSが異なる

Android(アンドロイド)はスマートフォン専用のOSです。PCでいう「Windows」と同じ役割を担います。検索で有名なGoogleが開発したOSで、「オープンソース」と呼ぶ提供形態により、端末やメーカーなどの制約を受けず、利用することができるようになっています。Androidを自由にカスタマイズしたり、アプリを作成したりするのにも制約はありません。

 

一方のiPhoneは、アップル社が提供するスマートフォン端末を指します。iPhoneの場合、「iOS」と呼ぶOSを搭載しています。この点でAndroidと異なります。iOSはiPhone専用OSのため、他の端末では動作しません。メーカーも勝手にiOSを搭載した端末を開発して提供することはできません。

 

利用できる通信キャリアが異なる

日本では、NTTドコモ、au、ソフトバンクといった通信キャリアなどがスマートフォンを販売しています。Androidを搭載する端末はこの3社が主に提供していますが、iPhoneはソフトバンクからしか提供していません。これはソフトバンクとアップルとの販売に関する契約に基づくものです。


AndroidかiPhoneかどちらかを利用したいと考えている場合、iPhoneは通信キャリアがソフトバンクに基本的に制限されるので注意が必要です。

端末の種類に違いも

Androidはオープンソースのため、誰でも自由に利用できます。そこで各メーカーもAndroidを搭載する端末を開発し、提供しています。パナソニックやNEC、富士通などの大手メーカーもこぞってAndroid搭載端末を提供しています。そのため種類が豊富で、いろいろな機能や特徴をもった製品の中から利用者は選択できる楽しみがあります。


一方のiPhoneはアップル社が開発した製品で、他のメーカーから販売していません。iPhone(iOS)を利用したい場合、アップル社の製品を利用するしかないのです。

 

日本独自の機能面は?

スマートフォンが登場する以前から、日本のケータイはテレビが見れたり、オサイフケータイで買い物ができたりとさまざまな機能を備えていました。これは現在のスマートフォンでも踏襲しています。

 

特に国産のスマートフォンの多くが、こうした機能を備え、日本での使い方に適するようにしています。国産メーカー、つまりパナソニックやNECといった、さきほど取り上げたメーカーのAndroid搭載端末は、こうした付加価値を付けたものが多いのが特徴です。


iPhoneはアメリカの会社であるアップル社の製品です。日本のほか、ヨーロッパなど世界で利用することを想定しています。日本向けにわざわざテレビを見る機能や、オサイフケータイ機能を付け足すことはしていません。

 

操作性は?

Android搭載端末は種類が豊富なこともあり、各メーカーのシェア争いは激化しています。各社ともできるだけ開発費を抑えて多く販売することに努めており、必ずしも多くの開発費が投じられているわけではありません。

 

これは例えば操作性に影響が出てきます。タッチパネルの精度が悪く、指で操作するジェスチャーが思うように動かない、複数のアプリを起動した際の処理が重いなどの影響が出てくる懸念もあります。


iPhoneの場合、iOS、iPhoneを利用したい場合、他の選択肢はなく、必ずアップル社の製品を利用することになります。またAndroid搭載端末を提供する各メーカーのように、多方面で展開するビジネスの1つと位置付けることなく、アップル社はiPhoneやiMacなどの限られたビジネスに開発費を集中投下しています。そのため、タッチパネルの指を圧や素早さを認識する精度も、Android搭載端末より圧倒的に優れているとも言われています。

 

関連記事