2016.04.25

他の女と楽しそうにしやがって!ふつふつと沸き起こる嫉妬心を抑える方法

彼が他の女子と楽しそうに会話をしているところを目撃してしまったら、やっぱり良い気持ちはしないですよね。ヤキモチを妬いてしまうのは当然だと思います。

でも彼に「私以外の女子と会話しないで!」なんて言うのも何だか気が引けてしまうもの。

そこで今回は「彼が自分以外の女子と仲良さそうにしていた時のヤキモチの抑え方」について20代女性に話を聞いてみました。

1.深呼吸

「嫌なことがあったらとりあえず深呼吸!そうすることで少しだけ冷静さを取り戻せます。」(20歳/大学生)

ケンカ腰で彼につっかかっても状況は良い方向に進みません。まずは自分の気持ちを落ち着けることを第一優先にしてみましょう。大きく深呼吸をすれば少し気分転換になるかもしれません。

2.彼氏がモテることを喜ぶ

「私は彼氏が後輩女子とかに囲まれているのを見ても『自分の彼氏がモテていて嬉しい!』と考えるようにしています。」(21歳/大学生)

これぞ超プラス思考女子!確かに全くモテない彼より、女子にある程度人気のある彼のほうが彼女として鼻が高いのは事実かも。
彼が浮気をしているというわけではないのなら「モテる彼と付き合えて嬉しい!」とポジティブにとらえてみるのも方法かも。

3.ストレスを発散する

「嫉妬心がムクムクと芽生えてきたらストレス発散が一番。基本的に体を動かしたり、友達と女子会やカラオケに行くようにしています。」(23歳/アパレル)

いつまでも心の中で悩んでいても、どんどん気持ちが暗くなるだけ。嫉妬のストレスを思いきって発散させてしまうのもメンタル面を考えたら大切です。

彼のことばかりを考えるのではなく、自分が好きなことに目を向けてみましょう。

4.見えないところへ移動

「モテる彼は私がいるのにも関わらず、平気で他の女の子と喋り出す。見ているとどんどん嫉妬してしまうので、さっさと彼らが見えないところへ移動します。」(20歳/大学生)

彼とあなたがラブラブなのであれば、そんなに周りの女子を気にする必要もないはず。

ただそれでも自分がヤキモチを妬いてしまうことが分かっているのなら、彼が視界に入らないところへ移動するのも一つの方法です。
自分が大人になることも、彼と良好なお付き合いをしていく上では大切といえそうです。

5.自分に自信をつける

「最初は彼が他の女子と仲良く話していると『こんな私だからいけないんだ…』と思っていました。
でも自分磨きをして内面も外見も可愛くなる努力をしてみたら、案外嫉妬心もなくなってきましたよ。多分自分自身の視野が広がって、器が大きくなったんだと思います。」(24歳/事務)

自分を好きになれるようにあの手この手を駆使してみましょう。だんだんと自分に自信がついて来たら「私が彼の一番なんだから何があっても大丈夫」と思えるようになるかも。
自分磨きもできる上に、ヤキモチも抑えられて良いことだらけかもしれませんよ。

おわりに

どんなに優しい彼と付き合っても、何かしらの嫉妬心は生まれるもの。

もし彼と仲良くしている女子にヤキモチを妬いてしまったときは、別れを考える前にこれらのことを試してみてくださいね!(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事