2011.07.28

AndroidでPC内のOfficeファイルを見る!~Dropboxを設定しよう~

 会社で資料を作成しているが明日朝一の会議までに間に合わない! 社会人の方なら誰もが似たような経験をしたことがあるのではないでしょうか。こんなときは、作成途中の資料を自宅に持ち帰ることとなりますが、このとき、資料をメールに添付して転送している方がほとんどではないでしょうか。

もしこれが大容量の資料だとしたら・・・。メールでは到底転送できません。宅ファイル便などの無料転送サービスがありますが、設定し転送するまでに時間がかかる。利用者が多い時間帯だと、ファイルをアップロードするのすら時間がかってしまいます。もっと便利なサービスはないものでしょうか。

そこで最近関心が高まっているのがオンラインのストレージサービスです。ここではオンラインストレージの中でも人気の高い「Dropbox」の使い方を紹介します。

 

フォルダにファイルをしまってみよう

作成したフォルダにファイルを収納してみましょう。通常、スマートフォンで文書ファイルを作成することはあまりないので、ここではPCで作成したファイルを収納します。
DropboxのPC版をインストールし、起動すると、スマートフォンで開いた同じフォルダが表示されます。収納したいフォルダをクリックして開き、マウスのドラッグ&ドロップでファイルを放り込みます。

 

状態を更新しよう

PCでファイルを放り込んだからといって、すぐにスマートフォンでファイルを参照できるわけではありません。メニューの「リフレッシュ」をタップし、情報を更新します。すると、PC側でしまったファイル情報がスマートフォンに反映されます。

ファイルを確認しよう

フォルダをタップすると、先ほどしまったファイルを確認できます。ファイルをタップしましょう。

ファイルを閲覧しよう

ファイルを開いて参照できます。ファイルを開くアプリによってはOfficeファイルを編集することも可能です。編集したファイルを上書き保存すると、PCでも編集済みのファイルを確認できるようになります。

Dropboxに登録しよう

利用するにはアカウントの登録が必要となります。アプリを起動後、メールアドレスとパスワードを入力し、利用できるようにします。初回のみで次回以降は入力することなく利用できます。

フォルダを作成しよう

Dropboxは非常にシンプルな仕組みで、フォルダを自分で作成し、その中に文書や画像などのファイルを自由に収納できるようになっています。
フォルダを作成する場合は、メニューから「新規」をタップ。リストの中から「フォルダ」をタップします。

関連記事