2016.04.28

ダイエット効果抜群!代謝がぐんぐんアップする「デトックススープ」の作り方

こんにちは。セルフトレーニングコーチのNaoです。
魅力溢れる潤い美人になる“自分自身のための”セルフトレーニング、一緒にしましょ!

毎日野菜を食べていますか?
野菜に含まれるビタミン・ミネラル類は代謝をアップさせる重要な栄養素。やせやすい体質に整えるだけでなく、便秘解消や美肌づくりのためにも、毎日しっかり摂取したい食材です。

とはいえ、「生野菜サラダばかり毎食山盛りに食べるなんて無理……」そんな場合は手軽にたくさんの野菜を摂取できる「デトックススープ」がおすすめです。
3ステップで簡単にできる、デトックススープの作り方とアレンジ術をご紹介します。

1.材料を用意する

具材を切って、煮込むだけ。簡単にできるのも魅力の1つです。まずは次の道具と材料を準備しましょう。

【道具】
大きなお鍋
大きめのボウル
まな板
包丁

【材料】(大鍋いっぱい分)
キャベツ・・・半分
にんじん・・・1本
たまねき・・・2〜3個
ピーマン・・・1〜2個
えのき・・・1袋
ホールトマト缶・・・1つ(または、トマト3〜5個)

固形スープの素・・・適量
塩・コショウ・・・少々
水・・・2〜3ℓ

2.野菜を一口大に切る

準備ができたら、早速作ってみましょう。材料を洗って、一口大に切ります。

1. 野菜を水洗いする
2. にんじん、たまねぎの皮をむく
3. 全ての野菜を一口大に切る

3. 野菜を水で煮込む

野菜をカットしたら、あとは煮込んで味付けをするだけです。

1. 大きい鍋に野菜を入れ、ひたひたになる程度まで水を加える
2. 野菜がやわらかくなるまで、20分程度煮込む
3. 固形スープの素を入れる
4. 最後に塩・コショウで味を整える

■覚えておきたいアレンジ術

より代謝がよく、やせやすい体質に整えるために取り入れたい、3つのアレンジ術をご紹介します。

鶏肉を入れる
デトックススープには「たんぱく質」が豊富な肉類が入っていません。肌や筋肉、血液やホルモンの材料となる重要な栄養素ですから、主菜でのたんぱく質摂取量が不足気味の場合は、スープに入れていただきましょう。

中でもダイエット中におすすめなのは、低カロリーで美肌効果が期待できる鶏肉です。

カレー粉などのスパイスを入れる
毎回同じ味だと飽きてしまうという場合は、カレー粉などのスパイスを。辛いスパイスを食べると汗をかきますよね。体内のはたらきを活性化し、エネルギーを消費しやすい状態に整えてくれます。

じゃがいもを入れる
スープでしっかり満足感を得たい場合は、じゃがいもを入れるのがおすすめ。
大きめにカットすれば、食べ応えアップし、食べ過ぎを防ぐ効果が期待できます。抗酸化作用が高いビタミンCが豊富で、アンチエイジング効果も抜群です。

■スープでもっとキレイになろう


デトックススープは野菜不足を補い、代謝をアップさせるお助けメニュー。一度にたくさん作ることができるため、毎回作る手間も省けます。

デトックススープを上手に活用して、美活の効率を高めてくださいね。(NaoKiyota/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事