2016.04.27

付き合うのはやめた方がいい!「将来性」が感じられない男の特徴・4つ

「いい男」をGETするためには、GETするテクニックの前にまず、男性を見抜く目が必要になってきます。

出世などができそうもない、将来性がない男性を捕まえてしまわないよう、ここは一番重要なステップです。

そこで今回は、「将来性」が感じられない男性の特徴について、女性たちに聞いてみました。

1.なんでも聞いてくる

「自分で考えたり行動しようとしたりせず、とにかくなんでも聞いてくる男は、仕事とかもできない気がします。
出世とかもしなさそうなんで、付き合いたくはないですね」(29歳/商社)

優柔不断だったり、決断力がない男性は、自分で決めずに意見を相手に委ねがち。

女性の意見を尊重しているかのようにも見えますが、自分の意見がなかったり、自分では決められなかったりするだけでしょう。

男としては頼りないですし、自分で道を切り開いて行ける感じもしないので、大きな仕事を成し遂げるような人にはなれない可能性が高いですね。

2.冒険を全くしない

「とにかく慎重で、絶対に安全な道しか歩かないような男性は、ちょっと興味が持てないです。
大きな夢とか野望とかもなさそうなんで、つまらなく感じちゃいます」(27歳/飲食)

慎重なのは決して悪いことではないですし、失敗しないための立派な防御策でもあるでしょう。

ただ、男としての魅力にはやや欠けるものがあります。
冒険心を全く持っていない男性だと、大きな成功などもあまり掴める感じがしないので、将来性にも欠けるかもしれません。

多少は野心なども持っている男性じゃないと、期待することもできないでしょう。

3.すぐにテンパる

「仕事で急に忙しくなったり、何かトラブルが起こったりしたとき、テンパるだけで何もできない男性は、本当にカッコ悪いです。
まさに、デキない男そのものですよね」(26歳/広報)

トラブルが起こったときやピンチの状態のときこそ、その人の本性が現れるもの。

テンパるだけで、オロオロして何もできないような男性は、いざというときに全く頼りにならない男性の典型です。

仕事においても緊急事態に対応できないタイプでしょうから、大きな成功なども成し遂げられないのでは。こういう男性は、きっと彼女をピンチから守ることだってできないですよ。

4.長いものに巻かれる

「上司の顔色ばかり伺ってる男性って、仕事ができない印象ですね。
自分の意見もちゃんと持っている人じゃないと、将来的にも大物にはなれない気がします」(30歳/メーカー)

仕事をしていく上では、上司や周りの人間とうまくやっていくことはもちろん大事。

でも、常に上の人の顔色ばかりを伺い、長いものに巻かれるような行動しかしていないと、周囲の人間からの信用は失ってしまうでしょう。
そういう男性について来てくれる人はいないので、いつまでも誰かの腰巾着で終わってしまう可能性も高いですね。

男性の将来性を見極める上では、ちゃんと自分の意見や考えも持っている人かどうかというのは重要な点ですよ。

おわりに

付き合う前に、その男性の本質を見極めることは一番大事なこと。

つまらない男性を捕まえてしまわないように、「将来性」もちゃんと見極めておくことは、必須事項でもありますよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事