2016.04.30

可愛いのにモテない!?彼氏ができない「お花畑系女子」の特徴・4つ

あなたの周りに、『可愛いけど、なぜかモテない』女子はいませんか?
もしかすると、その子は、頭がお花畑な『お花畑系女子』かもしれません!
今回は、可愛いのに男子がひいちゃう、夢見がちなお花畑系女子の特徴について考えます。

1.誰からも愛されていると思ってやまない

「バイト先に、可愛いけどちょっと浮いてる女の先輩がいて、なんでかなと思ってたんだけど、話してみてわかった。『ほら、私ってみんなから人気でしょ?
だから、なかなかバイトの時間とれなくて、あんまりシフト入ってないんだけど、一緒になったときはよろしくね!』って自己紹介。こんな人いるんだ…ってビックリ」(19歳/学生/男性)

お花畑系女子は、なぜかみんなから愛されていると思っているよう。
自信を持つのは大事なことですが、それを自ら主張する姿は滑稽に見えて、なかなか恋愛対象にならないのだそうです。

2.人前でも泣いて感情を主張する

「自分の目標にしてた数字をとれなくて、みんなの前で『これだけ頑張ったのに、結果が出せず本当に悔しいです・・・!』と涙ながらに訴えた先輩。
しかも、私にしてみたら全然頑張ってなかったと思うし、正直、当然の結果」(26歳/広告/女性)

仕事などに情熱を捧げる姿は、とても素敵ですが、だからといって所構わず泣いて自分の感情を主張する姿は、子どものよう。

また、『努力したのに・・・』というセリフを職場で使ってしまう女子も『お花畑だな~』と思われる確立が高いみたいですよ。

3.根拠はないのに、やたらポジティブ

「彼氏に1ヶ月でフラれた友達が、『やっぱり、どうしても分かり合えない人っているよね。彼、難しい人だった』って言ってたんだけど、違うでしょ。あなたがおかしいことに気付いただけだから。

そういえば付き合うときも、『あの子、絶対私に気がある!』って言ってたけど、男の子の方は『向こうからすごいアプローチされたから、付き合った』って言ってたなぁ。なんで、あんなにポジティブなんだろう」(22歳/学生/女性)

「すごい、よく目が合うの!彼、絶対私に気がある!!」って言う人いますけど、あれって自分が見てるから相手が視線に気付くだけですもんね。

ただ、ある意味でこのポジティブさは、見習いたいものがあります。
根拠のないポジティブな気持ちは自分の中だけにとどめて、外に出さないことが大事ですね!

4.恋愛至上主義

「彼氏がいる・いない、彼氏の会社、彼氏の稼ぎなど、彼氏のスペックで、女子にランク付けしたがる友達、本当にウザい。
悪気ないにしても、『○○ちゃんの彼氏、○○会社なんでしょ?結婚後は、共働きするの?』って言われた友達、『もう、××ちゃんには会いたくない』って泣いてた」(29歳/金融/女性)

恋愛至上主義な女子は、「あの子、可愛いのに彼氏いないの不思議~」や、「○○くんってカッコ良いのに、彼女そんなに可愛くないよね」など、彼氏の有無や、彼氏・彼女のスペックの均衡を気にしています。

マウンティング行為が敬遠されるだけでなく、「彼のスペック=付き合っている彼女のスペック」だと判断するのも、人間的に底が浅く感じられますよね。

おわりに

いかがでしたか?
なぜか自分の良いように、ものごとを解釈しがちな『お花畑系女子』。
悪気がない分、なにかと回りに不快感を与えてしまいがちです。

関わらないように気をつけつつ、「人のふり見て我がふり直せ」精神で、自分もそうなってしまわないように気をつけましょうね。(下村さき/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事