2016.04.30

男がマジで引いちゃう!「食事デート」でやってはいけないNG行動4つ

食事のマナーが悪い女性は、男性から見て魅力的には見えないものです。

女性らしさや育ちの良し悪しなどを感じられる瞬間でもあるので、気になる男性との食事デートには注意が必要でしょう。

そこで今回は、「食事デート」でドン引きした女性の行動について、男性たちに聞いてみました。

1.平然と「持ち込み」をする

「オシャレなレストランでペットボトルのお茶を飲みだしたときは、マジで引きました」(28歳/営業)

「食後にバッグからお菓子を取り出した子がいて、二度と食事したくないと思いましたね」(26歳/IT)

そもそも飲食店に持ち込みをすることは、大抵の場合、禁止されています。
食事デートの最中に彼女が持ち込みしたものを食べていたら、男性は恥ずかしさや注意したい気持ちを感じずにはいられないでしょう。

ペットボトルのお水やお菓子をバッグから取り出して平然と食べ出したりしたら、男性から「一緒にいるのを見られたくない、恥ずかしい」と思われてしまいます。

2.食べる量やペースを考えずに注文する

「たくさん食べる子は好きですが、信じられないくらい注文されると、さすがに引いちゃいますね」(29歳/マスコミ)

「何も考えずにどんどん注文されると、『頭の悪い子だな』って思っちゃいます」(26歳/保険会社)

料理を注文するときには、意外とその人のセンスが出るもの。
食べきれないくらいの量を注文すると、「後先を考えないダメな女性」という印象を持たれてしまいます。

また、自分の好きな物ばかりを注文したり、まだメインディッシュを食べているのに自分だけデザートを頼んだりすると、自己中心的な女性と思われてしまうでしょう。
食事デートは2人で一緒に食事を楽しむものなので、男性と相談しながら、食べきれるだけの量を頼むようにしましょう。

3.「調味料」をかけまくる

「何にでも塩をかけまくる女性がいて、なんか店の人に悪い気持ちになっちゃいました」(27歳/WEBデザイナー)

「自分で七味唐辛子を持ち歩いていて、それを料理にかけまくる女性がいて、本当にドン引きしました」(30歳/商社)

出てくる料理にとにかく調味料をかけまくる。
そんな女性に対して、男性は単純に体のことが心配になりますし、せっかく作ってくれたお店の人に申し訳ない気持ちにもなってしまいます。

辛いものが大好きで、大量の香辛料をかける女性がたまにいますが、食事デートでそんなことをされたら、ムードも台無しです。男性が気分を悪くしてしまう可能性だってあるかもしれません。

4.「氷」をボリボリ食べ出す

「お酒を飲んだ後に、氷をボリボリと食べる女性がいて、すごく恥ずかしかったです」(29歳/広報)

「氷をガリガリ食べる女性って、ちょっと怖いものがありますよね…」(26歳/営業)

お酒を飲んだときなどに、グラスの中の氷をボリボリと食べる女性がいますが、男性にはいい印象を与えません。
氷を噛み砕く仕草や音には女性らしさが全くないので、男性からすると見たくない姿であると言えるでしょう。

一つ食べるくらいならまだいいですが、何個も氷を食べ出すと、ちょっと怖さも感じるので、気になる男性の前では控えた方がいいでしょう。

おわりに

気軽に誘える食事デート。気軽に誘えるデートだからこそ、男性を嫌な気分にさせてしまうと、せっかくのチャンスが台無しです。

恋愛にも発展しにくくなってしまうので、最低限のマナーは守るようにしましょうね。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事