2016.04.29

睡眠からあなたの「ネガティブ度」がわかる心理テスト

Q.あなたはとても疲れています。幸いなことに明日は休日。時間を気にしないで寝ることにしました。次の日あなたが起きたのはいつですか。

1.朝
2.昼
3.夕方
4.夜

この心理テストでは、あなたの「ネガティブ度」がわかります。身体をリフレッシュする睡眠は深層心理において「現実逃避をしたい」という願望を示します。

つまり、寝た時間から大きな失敗をした時に立ち直るまでの時間がわかるのです。それではそれぞれ結果を見ていきましょう。

1.朝・・・「スッキリ」タイプ

いつもどおり朝に起きるあなたはネガディブ度「20パーセント以下」。
辛いことがあると、その日はとても落ち込んでしまいますが、翌朝にはスッキリ元気になっているタイプ。

その立ち直りの速さはすばらしいですが、あまり過去から学ばないところがあります。時には振り返って、次に活かせることがないか探してみましょう。

2.昼・・・「ウジウジ」タイプ

昼までゆっくり寝ているあなたはネガディブ度「40パーセント」くらい。
辛いことがあると、1週間くらいはいろいろと考え込んでしまうタイプ。

平気そうに見えても内面ではウジウジ考えてしまうところがありますが、周りに話を聞いてもらうなどちょっとした気分転換を心掛ければ、意外と早く立ち直る方でしょう。

3.夕方・・・「グダグダ」タイプ

夕まで起きられないあなたはネガディブ度「60パーセント」くらい。
辛いことがあると、1ヶ月くらいはグダグダと引きずってしまうタイプ。

家族や友だちからいくら慰められてもなかなか立ち直れないところがあります。まだできることがあるならば行動してみて。あなたにはベストを尽くしたという納得感が必要です。

4.夜・・・「グチグチ」タイプ

夜まで寝てしまうあなたはネガディブ度「80パーセント以上」。いつまでたっても終わったことを思い出して「ああすればよかった」とグチグチと考えてしまうタイプ。

過去の失敗から学ぶこともありますが、やってしまったことを取り消すことはできません。次に活かすためにはどうしたら良いのかへ目を向けてみましょう。

おわりに

あなたの診断結果はいかがだったでしょうか。誰しも失敗するのは嫌なことですが、より大切なのは失敗から学んで次の機会に活かすことですよ。(藤間丈司/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事