2011.07.20

少しでもムダを省いてもっと活用しよう!Androidのバッテリーを長持ちさせる方法

スマートフォン最大の悩みはバッテリーが長続きしない、と思われる方は多いのではないでしょうか。多機能化が進み、待機時であってもさまざまなプログラムが稼働し続けるため、従来の携帯電話よりバッテリーが持続しないとも言われています。

そこで独自にバッテリーを消費させない工夫を施す人が増えています。一体どのような方法で長持ちさせているのでしょうか。ここではAndroid搭載端末のバッテリーを長持ちさせる方法をいくつか紹介します。

画面照度を見直そう

画面を明るくすればするほどバッテリーを消費します。閲覧するのに十分と思える照度に設定し、「明るすぎ」をなくすようにしましょう。

 

メニューから「設定」→「表示」をタップします。続けて「画面の明るさ」をタップすると、画面の明るさを設定できます。スライドバーを左へ動かすと画面は暗くなります。


 

Wi-Fiを無効にしよう

外出先でもさまざまな場所に点在するWi-Fiスポット。データ転送を高速化するため、端末のWi-Fi設定を「ON」のままにしている人は少なくないでしょう。しかしこれが要注意です。端末が常にWi-Fiスポットを探すということはプログラムが常に稼働していることを意味します。つまりこれがバッテリーを消耗させてしまうのです。外出先ではWifiスポットを検知しないよう、設定を「OFF」にしておくことが大切です。


メニューの「設定」→「無線とネットワーク」から、「Wi-Fi」をオフにします。

 

 

 

Bluetoothを無効にしよう

Wi-Fi同様、Bluetoothも接続できる機器などを探す際にバッテリーを消費します。普段利用しない場合は「OFF」にし、データをやり取りしたり外部デバイスを接続したりする際に「ON」とするようにしましょう。



メニューの「設定」→「無線とネットワーク」から「Bluetooth」をオフにします。

 


 

GPSを無効化しよう

現在地や目的地などを地図上に反映してくれるGPS機能。場所を特定する際に電波をやり取りするプログラムが起動することとなります。現在地を頻繁に更新したり、場所を検索したりすればバッテリーの消費は急激に高まります。利用しない場合は機能をオフにできるので、利用状況に応じてマメに切り替えるようにしましょう。

 

メニューの「設定」→「現在地情報とセキュリティ」から、「GPS機能を利用」のチェックを外します。





同期の間隔を見直そう

アプリの中にはインターネットに接続して最新情報に更新する、データを最新のものに置き換えるなどの処理を自動実施するものがあります。データ量によっては接続する時間が長くなり、結果としてバッテリーが消耗することとなります。同期を普段は無効化する、もしくは同期する間隔を長くするなどして、頻繁にデータを更新するのを控えるようにしましょう。

 

メニューの「設定」→「アカウントと同期」をタップします。「自動同期」および「バックグラウンドデータ」のチェックを外しましょう。





不要なプログラムを停止しよう

複数のアプリやプログラムが起動していると、その分メモリーやCPUなどのハードウェアリソースを消費します。結果としてバッテリーの消費が進行します。不要なプログラムやアプリはマメに停止し、バッテリーの消費を抑えるようにしましょう。

 

メニューの「設定」→「アプリケーション」から「実行中のサービス」をタップ。「実行中」タブの中で不要と思うプログラムをタップし、「停止」しましょう。



外付けデバイスの利用を控えよう

Android搭載端末の中には、USBケーブル経由でキーボードやカードリーダーなどの外付け機器を接続できるものがあります。こうしたデバイスを接続すると、Android搭載端末の電力が供給されるため、バッテリーの消費が急激に高まります。バッテリーを長持ちさせる際は、こうした外付けデバイスの利用を控えることが懸命です。

関連記事