2011.06.22

【iPhone】無料アプリを使って、複数のショッピングサイトから最安値情報を簡単に探し出す方法

 皆さんはWebサイト上で欲しい商品を探す際、どのように調べていますか? Googleやyahoo!などのキーワード検索に商品名を入力し、検索結果に表示するショッピングサイトを順に訪問しているのではないでしょうか?

これではどのサイトが最安値なのか、一巡しないと分かりませんよね。楽天などに出店する中での最安値は分かりますが、複数のショッピングサイトの中から一番安いお店を探し出したいものです。

こんなニーズを解決するのがiPhone用アプリの「BuyKing」です。ここではBuyKingを使い、どのように最安値情報を探し出すのか。その使い方を紹介しましょう。



 

BuyKingとは?

BuyKingは複数のショッピングサイトを横断検索するための専用アプリです。Yahoo!や楽天、Amazonのメジャーショッピングサイトを対象に商品を検索し、その中から最安値情報を探し出します。

 

商品名などをもとに検索すると、価格の安いお店順に検索結果を表示します。利用者はAmazonや楽天などを巡回することなく、効率的に商品の最安値情報を調べられるわけです。

BuyKingをダウンロードしよう

「BuyKing」は無料のアプリです。AppStoreのカテゴリ「ライフスタイル」にありますので、ダウンロードしてみましょう。

 

商品を検索してみよう

 

「BuyKing」を起動します。キーワード検索にて商品名などを入力し、商品を調べるのが一般的な使い方です。検索を実行すると、取り扱っている店舗名と、在庫状況、そして販売価格が一覧表示されます。店舗名をタップすれば、詳細情報を確認することが可能です。

ショッピングサイトを限定しよう

 

デフォルトでは「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」を対象に商品を検索します。しかし、このサイト別に検索結果を表示することが可能です。例えば「楽天内での最安値」を調べられるようになります。

 

メニューにある「ランキング」をタップし、各カテゴリをタップします。するとそのカテゴリ別の最安値情報が表示されます。

バーコードを使って商品情報を登録可能!

 

ユニークな機能も備えています。iPhoneのカメラを利用し、商品のバーコードを読み込ませて商品を検索することができます。お店で商品のパッケージなどにあるバーコードを読み込ませ、その場で他店の価格情報を調べる、といったことを可能にします。

 

バーコードを使えるようにするには、別途アプリをインストールする必要があります。「pic2shop」という無料アプリを取得すると、iPhoneのカメラでバーコードを認識できるようになります。

 

使い方は、BuyKingを起動、「検索」から「スキャン」をタップします。すると自動的に「pic2shop」が起動します。あとはカメラでバーコードを撮影するだけで、商品の最安値情報が一覧で表示されます。

 

 

さいごに

「BuyKing」は多々あるショッピングサイトから、最安値で提供するお店を簡単に探し出せます。普段は「楽天」だけ、「Yahoo!」だけで最安値となるお店を探している方、もっと多くの店舗から最安値を付けているお店を探し出してみませんか。簡単に利用できるので、ぜひ活用してください。

 

関連記事