2016.05.01

リハカレ!長く付き合った男子と別れて、新カレと付き合うときに意識すべきこと・4つ

前に付き合ってた男子との交際期間が長いほど、恋のリハビリが必要。
同じ人とずっと付き合ってると、家族みたいな関係になっちゃってて、恋愛の仕方も忘れてしまっているかもしれませんし、あなたが「元カレ色」に染まりすぎていて、新しい彼氏を傷つけてしまうこともあるかもしれませんから。

では、この「リハカレ」と付き合うときにはどんなことに気をつければいいんでしょうか?
そこで今回は、元No.1キャバ嬢のナナミ・ブルボンヌさんに「リハカレと付き合うときに意識すべきこと」について聞いてみました。

1.「元カレと同じ」を求めないこと

「無意識にやってしまいがちなのが、『元カレと同じような人になってほしい』という感じを出してしまうことです。
デートのとき、エッチのとき、さりげなく『もうちょっとこうしてよ』と元カレと同じ言動を求めるようなことがないようにしましょう」

元カレとの関係が心地いいと、こういうことをしがちですよね。でも新カレは元カレのコピーじゃないし、それじゃあなたもいつまでも新しい恋が始められません。
むしろ、元カレとは真逆を求めるくらいがちょうどいいかもしれませんね。

2.嫌われてたところはしっかりと直す

「私のこういうところは、元カレにも嫌われてただろうなー。と思い当たることがあれば、ここが直すチャンスです。
新しくなるのは、彼氏だけじゃありません。あなたも新しくなるんですよ」

別れて冷静に振り返ると、「私のあそこは悪かったな」と反省できる部分がでてくるはず。

同じ失敗を繰り返さないためにも、こうやってしっかり敗因分析をして頑張りましょう!

3.ゆっくり、焦らず

「元カレが抜けた心の穴を、すぐに新しい彼氏で埋めようとするのはいけません。そういうことをしようとすると、さきほど紹介したような、『元カレと同じ』を求めるのにつながりますから。
新しい彼氏との関係はゆっくり進めて、ひとりで過ごす時間も大切にして焦らずやっていきましょう」

新しい彼氏ができても、元カレと別れたショックはすぐには和らぎませんね。
この時期は、すぐに新カレに没頭しないで、ゆっくりと心を休める時間も作ってあげましょう。
「リハビリ」ですからね。焦っちゃダメです。

4.「別れてもいい」と思って気楽に

「とくに元カレと長く付き合っていた女性は、アラサーとかになっていて、『次の彼氏で結婚しなくちゃ』と思いがち。
でも、これでは、リハビリどころか、永遠に元カレの後遺症が残ってしまいます。これじゃまるで、『元カレにぶち壊された人生をなんとかマシなものにしようとしてる』感じがします。
そんな気持ちで恋愛をしたら、あなたも新しい彼氏も、誰も楽しくありませんよ」

アラサーでも、まだ30才じゃありません。30才になった後で幸せな結婚をする人なんていくらでもいますからね。

リハカレは、あくまで「恋愛の楽しさをまた教えてもらう人」くらいの気持ちで付き合うといいかもしれません。

おわりに

どうでしたか? どんなことでも、焦ってうまくいくことはありません。
むしろ「また恋を楽しむチャンスを元カレにもらった」くらいの気持ちで、のんびり気楽に構えていきましょう。

青春は20代前半までだなんて、そんな決まりはどこにもありませんよ?(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事