2016.05.03

付き合ってもないのになんで何で!?やたらとスキンシップを取りたがる男子の本音

たまにですが、やたらと女子の体を触ってくる男子っていますよね。はじめは気にしないフリをしていても、あまりにもスキンシップが多いと女子も「なんでこんなに触ってくるんだろう…」と気になってしまうはず。

そこで今回は「付き合ってもいないのにやたらとスキンシップを取りたがる男子の本音」について、20代男性からの意見をもとにまとめてみました。

1.好きだから

「好きな子は触りたくなっちゃうよね。学生時代だったら女子に触るなんて絶対無理だったけれど、この年齢になったらボディタッチくらいはできますよ。」(25歳/営業)

もちろん「好きな子のことなんて気安く触れない」という男子もいますが、「好きだからこそ触りたい」と考える男子も存在します。

いずれにせよ嫌いな人に触れようとする男子はほとんどいないはず。もし気になる彼からのスキンシップが多いようであれば、脈アリと判断しても良さそうです。

2.自己評価が無駄に高い

「俺はどちらかというと男女関係なく気軽にスキンシップ取っちゃうタイプかな。ぶっちゃけ結構モテるし、俺に触られてイヤって思う子そんなにいないと思うんだよね…(笑)」(21歳/大学生)

こちらは「俺に触られて嫌な女はいないだろ!」という無駄に自己評価が高いパターン。女子も自分に自信がなかったら、なかなか男子にボディタッチをしようとは思わないですもんね。

色んな女子におさわりしている自意識過剰男子を見かけたら、嫌な思いをする前にさっさと逃げてしまいましょう。

3.お酒が入るとつい…

「普段の自分だったら絶対女子に触るとか無理なんですが、お酒を飲むとちょっと下心が出てしまうんですよね…。」(24歳/販売)

シラフでは女子に触れないけれど、お酒が入るとつい気が大きくなってしまって女子にベタベタしてしまうタイプ。好きな男性からだったら嬉しいですが、何とも思っていない人が急にベタベタして来たら女子も反応に困ってしまいますよね。

また、このようなタイプは「ごめん、酔ってて何も覚えてないや」と全てをなかったことにしてくる恐れが。彼にあまり触られたくなかったら、二度目から彼とお酒を飲むことは控えたほうが良さそうです。

4.そのままエッチに持っていきたい

「まずは軽くスキンシップを取って下見をしますね。それで女子があまり嫌がらなかったら、その日のうちに何とかエッチに持っていく方法を考えます。」(26歳/IT関係)

やはりスキンシップの先には「エッチなことをしたい!」という考えがあるようです。
軽いスキンシップから、だんだん笑えないおさわりになってきたら要注意。「あまり触らないでください!」とバッサリ言い放つ勇気も大切かもしれませんね。

おわりに

付き合ってもいないのに、やたらとスキンシップを取りたがる男性はやっぱりどこか危険。
好きでもない男性からやたらとスキンシップをされたときは、女子のほうからはっきりと「NO」のサインを出すようにしましょう!(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事