2016.05.04

火星の長期滞在を有効活用し、恋愛運をアップしよう!

素敵な恋愛ができずに頭を抱えている方。恋を応援してくれる星があるってご存知でしたか?

恋愛運をアップさせてくれる星とはズバリ、「火星」。
2016年は、恋にパワーを与えてくれる火星の動きがとっても特徴的なんです。

今回は、火星の動きを味方につけて、恋愛運をアップさせる方法をご紹介します。

1.「火星の長期滞在」とは?

2016年の火星の動きの特徴として挙げられるのが「長期滞在」。

通常火星は、約1ヶ月半ひとつの星座に滞在します。でも今年は、「蠍座」と「射手座」にそれぞれ約4ヶ月半も滞在するという、ちょっと珍しい現象が起こります。

通常の3倍近く同じ星座に滞在するので、その分「蠍座」と「射手座」の人は火星の影響をダイレクトに受けやすいと、占星術の世界では捉えられます。

2.火星が恋愛に及ぼす影響とは?

「積極的に想いを伝えられない」「勇気が出ない」「ライバルに負けたくない!」・・・
恋に対してそんなふうに思うとき、火星のパワーを活用することが有効と言えます。

あなたの心に火をつけてくれるのが火星の役割であり、あなたの情熱を引きだしてくれるのも火星の仕事なのです。

その火星が「蠍座」と「射手座」に長期滞在するわけですが、それぞれに火星が滞在するとき、どんなふうに恋を進めていけばよいのでしょうか。その方法を紐解いていきましょう。これはどの星座にも有効ですから、ぜひ役立ててくださいね。

3.火星が「蠍座」に滞在する間

火星が「蠍座」に滞在する間(5/27~8/2)は、確実に相手との距離を縮めるために、じっくりと恋の作戦を練りながら、一途に好きな相手を想い続けることがポイントです。どんなことがあっても、あきらめないこと。
粘り強く気持ちを伝えていくことで、恋の勝利を収めることができるはずです。

ただし、気持ちが重くなりがちなので、自分の気持ちを押し付けて、ストーカー化しないように気をつけましょう。一途に想うのと、しつこくするのは違います。恋が暴走しないよう、上手にアクセルとブレーキを踏むことが大切です。

4.火星が「射手座」に滞在する間

火星が「射手座」に滞在する間(3/6~5/26・8/3~9/26)は、視野や行動範囲を広げることが大切です。自分勝手な思い込みで、心を閉ざすことがないようにしましょう。

またこの時期は、「なんとかなる」という気持ちで突き進むというのも、恋の勝利を収めるポイントになるでしょう。何事もポジティブかつ楽観的に考えられる人に、恋の女神が微笑みます。

メールの返事が遅いとか、デートの誘いを断られたとか、ひとつひとつの出来事に、いちいち落ち込んだり怒ったりしないこと。相手の自由を尊重してあげることも、恋には重要です。

おわりに

みなさんは、夜空に赤く輝く「火星」を、肉眼で観たことがありますか?

2016年の5月末頃は、火星が最も地球に接近するため、いつもより大きく火星を観察することができます。

恋に対して積極性が欲しいと思っている人は、ぜひ夜空に浮かぶ火星を見上げ、「どうか私に勇気を授けてください」と、お願いしてみましょう!(水谷奏音/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事