2011.04.16

キーボードを使いこなせば楽チン操作!右クリックを使わずにコピペなどの操作をする方法

パソコン操作で「コピー」と「貼り付け」をする作業。いわゆるコピー&ペースト、略して“コピペ”ですが、インターネットで調べ物をしているときや、資料を作るときなど、みなさんよく使いますよね。

多くの人が使っているWindowsでは、右クリックでコピーも貼り付けも自由自在。入力の手間が省けたり、読めない漢字でもそのまま使えたりとっても便利な機能です。実はこの“コピペ”。マウスを使わなくてもできる、もっと便利な方法があることを知っていますか?

 

右クリックよりも早い「ショートカット」

使い方はとっても簡単。

 

(1)コピーしたい文字をカーソルでなぞったら、左手の小指で「Ctrl」を押し、
そのまま人差し指で「C」を押します。これでコピー完了!


(2)そして貼り付けたい場所にカーソルを置いたら、「Ctrl」と「V」で貼り付け完了!


なんと、右クリックの約半分の時間で操作が完了するんです。

 

使う指は人によって違いますので、あなたが一番やりやすい方法で押してくださいね。

「ひとつ戻る」

*[Ctrl]+[Z]

 

【ひとつ戻る】

ひとつ前の操作に戻ってくれます。間違って文字を削除したときなどに便利。

 

Macの場合は、[Ctrl]の代わりにコマンドを使用します。

「すべて選択」

*[Ctrl]+[A]

 

【すべて選択】

いちいち文章の最初から最後までをドラッグしなくても一気にコピーできます。

「保存」

*[Ctrl]+[S]

 

【保存】

0.5秒もかけずに、こまめな保存ができます。うっかりデータを消してしまうときのリスクヘッジに使えますよ。

「印刷」

*[Ctrl]+[P]

 

【印刷】

大量のファイルを印刷するときに便利です。(プロパティ画面は省略されます)

 

 

 

他にもいろいろありますが、まずはこの4つのショートカットからマスターしてみましょう。これだけでも大幅に時間が短縮できますよ。

さらにこんなメリットも

あなたがもし、パソコンのキーボード入力を苦手としていても、
ショートカットを使うだけで、なんだか“できる人”に見えちゃいます。
使えると便利で、しかも格好よく見えるショートカット。さっそく今日から活用してみてはいかがでしょうか?

関連記事