2016.05.06

今年こそ痩せたい!「変われない自分」を変える「心の準備」3つ

こんにちは。セルフトレーニングコーチのNaoです。
魅力溢れる潤い美人になる“自分自身のための”セルフトレーニング、一緒にしましょ!

毎年春になると「今年こそはビキニを着るぞ!」とダイエット宣言をするのに、気づけば夏が来てしまい、諦めたと思ったらまた春が来た……
そんな繰り返しは、もうおしまいにしませんか?

ダイエットを成功させるためには、成功するまで行動しつづける必要があります。そのためには、3つの「心の準備」が必要です。

■「ホメオスタシス」って、知っていますか?

ホメオスタシスとは、「生体恒常性」といって、身体の状態を一定に保とうとするはたらきのこと。体温が上がったときには汗をかいて体温を下げますし、栄養素が不足すれば空腹サインを出して栄養素を補給します。このように、私たちには“心地よい状態”を維持しようとするはたらきが備わっています。

ダイエット中の体内も、そして心も、同じ。いきなり食事を減らしても、これまで得ていた栄養素分をしっかり吸収しようとはたらいて、少ない食事からより多くの栄養素を吸収するようになります。

また、「このくらい(ダイエット前の食事量)食べたい」という心が変わらないままでは、いつか我慢の限界に達し、ストレスを溜め込んで大爆発(暴食)を招きます。

■ダイエット成功のカギは「ホメオスタシスを切り替える」こと

今の体型は、これまでの食生活や運動習慣が作り上げてきたもの。体型を変え、維持するためには、生活習慣を、“生き方”を変える必要があります。

そして、体内で「スリムな状態=心地よい(普通の)状態」という体質(ホメオスタシス)が成り立つまで我慢強く実践し続ける必要があるのです。

体内にスリムな状態をキープするホメオスタシスを形成するためには、「心の準備」が必要です。次の3ステップでスリム脳に切り替えて、ダイエットのための行動を“成功するまで継続できる”あなたになりましょう。

■1:「変わった自分」のキャラ設定

まずは、どんなあなたになりたいのか、できるだけ具体的に、ありありと想像してください。ダイエットに成功したあなたは、どんな体型で、どんな服装をしていて、どんな顔をして何をしていますか?

「現実的じゃないな」「どうせ、無理」と感じることを実行し、続けることは難しいですよね。まずは変わったあなたを見慣れて、そのゴールにたどり着くことを“当たり前”の予定にすることが大切。ノートを取り出し、できるだけ具体的なゴールを描きましょう。言葉でも、絵でもOKです。

■2:「今の自分と何が違うか」を見える化する

ゴールが決まったら、今の自分とどこが(何が)どう(どのくらい)違うのかをチェック。ウエストは何cm引き締めるのか、脚や腕はどのくらい細くするのか、体重は何kg減らすのか……

「とにかく、やせる」では、何を、どのくらい続ければ良いのかわかりません。するといつまでたってもゴールが見えず、途中で挫折してしまいます。「あと、このくらい!」と自身を励ます材料としても重要ですので、しっかり見える化させましょう。

■3:実現するために「したいこと」を書き出す

どこを、どのくらい変えるのかを見出せば、自然と「何を」「どのくらい」すべきかが見えてきます。体脂肪を燃やすためには有酸素運動が必要ですし、キュッと引き締めるためには筋トレが大切。

代謝を上げるにはストレッチやマッサージがおすすめです。
見えた今の自分とのギャップを埋める「方法」を考え、いつ、どのくらい、何をするかを計画しましょう。

■3つの「心の準備」でスムーズにダイエットをスタート!


受験勉強だって、志望校を決め、どのくらい学力を上げる必要かを計算しなければ、どうやって進めればいいのか分からないのと同じ。自分を変えるためには、ゴールを見据えた下準備が必要です。

まずは、なりたいあなたを想像するところから。「今年こそ変わる」ために、今すぐ始めてくださいね。(NaoKiyota/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事