2016.05.07

おやつでダイエット!?美肌&むくみ予防にも役立つ「アノ食品」でスリム美人に!

こんにちは。セルフトレーニングコーチのNaoです。
魅力溢れる潤い美人になる“自分自身のための”セルフトレーニング、一緒にしましょ!

良質な脂質や、代謝を高める栄養素が豊富な“ナッツ”は、ダイエット中のおやつに最適。中でも、むくみの予防・改善や美肌効果の期待できる「くるみ」は、ダイエットと美肌を両方実現したい人におすすめです。

■「くるみ」の美容・健康効果

くるみは、体内を活性化させる成分がたっぷり詰まったスーパーフードの1つ。「オメガ3脂肪酸」という良質な脂質やたんぱく質、豊富な食物繊維が食事の満足度を高めて食べ過ぎを防ぎます。

また、脂質や糖質の代謝を担うビタミンB群や、むくみの予防・改善に役立つカリウムも豊富。ポリフェノールは老化の原因となる活性酸素を除去し、体内を若々しく保ってくれます。

このように、くるみには美肌やダイエットに役立つ栄養素がたっぷり。天然のサプリメントと言われるのも頷けますね。

■ダイエットに活かす食べ方

くるみをダイエットに活かすには、豊富な栄養素で代謝を高めたり、食べ応えのある食感を活かして食事の食べ過ぎを防いだりするのがおすすめ。“手のひらに収まるくらい(3〜5個)”が1日に食べる目安。食前や食間に取り入れましょう。

食前に食べると満腹感を感じやすくなり、食事での食べ過ぎを防ぎやすくなります。また、おやつとして食間に食べると小腹を満たしながら代謝を高め、消費エネルギーをアップさせる効果が期待できます。

■「食べれば、痩せる」は間違い

もちろん、“くるみを食べれば食べるほど痩せる”というのは間違い。食べすぎればカロリーオーバーを招きますし、せっかく代謝を高めても運動をしなければエネルギーを消費することができません。

くるみを食べることをダイエットにするのではなく、ダイエットのサポート役として“ダイエットに活かす”スタンスで取り入れましょう。

■運動と上手に組み合わせて

ボディラインを引き締めたいのならば、自然のコルセットである筋肉を発達させることが大切。筋トレで筋肉を発達させ、マッサージやストレッチで疲労物質や老廃物を流し、体をしなやかな状態に整えましょう。

体脂肪を減らしたい場合は、有酸素運動をプラス。散歩やウォーキング、軽いジョギングなどを行ってエネルギー消費量を高めましょう。

■スーパーフード「くるみ」は代謝アップフード


くるみは、手軽に栄養バランスを整えることができるスーパーフード。代謝を高め、体内をエネルギッシュな状態に整えてくれる栄養素が豊富です。

1日3〜5個程度を小腹が空いたときや食事の前に食べることで、空腹感を我慢することなくダイエットを続けることができます。食べながらダイエットできるのが嬉しいですよね。

もちろん、筋トレやストレッチ、有酸素運動などの“運動”も忘れずに。食べて代謝を高め、動いて脂肪を燃焼させて、スリム体型を実現しましょう。(Nao Kiyota/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事