2011.04.18

無料メールソフト「ThunderBird」のインストール手順(詳細説明)

「無料メールソフト「Thunderbird」を使ってみようと思うけれど、ダウンロードってあんまりしたことないし、ちょっと不安。」
という方のため、ダウンロード手順だけに絞って、詳しく解説しています。

1.無料メールソフト「ThunderBird」をパソコンにダウンロードする

http://mozilla.jp/thunderbird/から、ソフトウェアをダウンロードします。
「無料ダウンロード」をクリックすると、ダウンロードが始まります。
お使いのブラウザやセキュリティソフトなどで、ダウンロードを実行する前に確認を求められたら、許可してあげてください。





●Google Chromeをご利用の場合

「保存」をクリックすると、ご利用のパソコンにThunderbirdのセットアップ用ファイルが保存されます。保存状況はブラウザの左下に表示されます。
ブラウザの左下に「Thunderbird Setup.exe」という名前が表示されていれば、そこをクリックするだけで保存されたファイルを起動できます。

実行するかキャンセルかを選択する画面が表示されたら「実行」をクリックしてください。Thunderbirdのセットアップ画面が表示されます。

ここで中断された場合、ダウンロードしたファイルはほとんどの場合「ドキュメントライブラリ」の「Downloads」の中(または「お気に入り」フォルダの「ダウンロード」ファイルの中)に保存されています。
再開される場合はデスクトップの「スタート」→「ドキュメント」をクリックして、「Thunderbird Setup 3.X.X 」(Xの部分は任意の数字が入ります)を開いてください。

●InternetExplorer、Sleipnir、Safariなどをご利用の場合

ダウンロードしたファイルを保存するか、すぐに実行するかを確認するウインドウが開きますので、「実行」をクリックしてください。Thunderbirdのセットアップ画面が表示されます。
なお、「保存」を選択された場合は、ダウンロードされたファイルは「ドキュメントライブラリ」の「Downloads」の中(または「お気に入り」フォルダの「ダウンロード」ファイルの中)に保存されています。
再開される場合はデスクトップの「スタート」→「ドキュメント」をクリックして、「Thunderbird Setup 3.X.X 」(Xの部分は任意の数字が入ります)を開いてください。

2.ダウンロードしたファイルのセットアップ

実行(セットアップの開始)をするかどうか、確認するためのウインドウが開きます。
「実行」をクリックしてください。


青い鳥さんが出てきたら、セットアップの開始です。
「次へ」をクリックしてください。

セットアップを始める際には、他に開いているファイルやブラウザ等をいったん保存し、終了させておいた方が無難です。

3.インストールの開始



セットアップオプションは「標準インストール」にします。また画面下部で「Thunderbirdを規定のメールプログラムとして使用する」という項目にもチェックを入れておいてください。
「次へ」をクリックすると、開始の確認画面が出てきます。「インストール」をクリックして、あとは自動的にセットアップが完了するまでお待ちください。

(↓インストール中の画面です)


4.セットアップの完了



セットアップの完了画面が表示されたら、「完了」をクリックしてください。

「今すぐMozilla Thunderbirdを起動」という項目にチェックを入れておくと、完了後に今インストールしたメールソフト「Thinderbird」が自動的に起動します。

メールアカウントの設定をされる場合は、このまま進んでください。
関連キーワード

関連記事