2016.05.09

美女の朝ごはんはコレ!美肌効果もダイエット効果も期待できる究極メニュー4つ

こんにちは。セルフトレーニングコーチのNaoです。
魅力溢れる潤い美人になる“自分自身のための”セルフトレーニング、一緒にしましょ!

朝ごはんは、これから1日頑張る身体にエネルギーをチャージする重要な食事。どんな栄養素を摂取するかで、代謝のよしあしや肌の状態も変わってきますよ。
次のような食材を上手に取り入れて、潤うスリム美人を目指しましょう!

納豆+オクラ

忙しい朝でもささっと準備できるのが「納豆」。ごはんとの相性も良く、時間がなくてもしっかり食べたいときの朝ごはんにぴったりですよね。

納豆には免疫力をアップさせたり、女性ホルモンのはたらきをサポートするイソフラボンや、整腸作用や疲労回復、美肌効果が期待できるレシチン、ビタミン・ミネラル類、食物繊維などが豊富。

これに同じくネバネバ食品のオクラをプラスすることで整腸作用が高まり、便秘解消や代謝のアップに役立ちます。オクラを刻んで冷凍しておけば、解凍している間にごはんをよそって納豆のパックを開封するだけで朝食の準備も完了。
忙しいときこそ、しっかり栄養素をチャージして体内を活性化させましょう。

卵は“完全栄養食”と呼ばれるほど栄養素が豊富。筋肉や肌細胞の材料であるたんぱく質や、体内のはたらきを活性化して代謝を高めるビタミン・ミネラル類をたっぷり摂取することができます。

忙しいときは卵かけご飯、時間があるときは卵焼きやスクランブルエッグ、ゆで卵にするなど、メニューのバリエーションが豊富なため、ライフスタイルに合わせやすいですね。

フルーツ+ヨーグルト

食べ過ぎ・飲み過ぎの翌日や、便秘気味のときにおすすめなのが、内臓に負担をかけずにエネルギーをチャージでき、腸内環境を整えてくれるフルーツやヨーグルト。

豊富なビタミン・ミネラル類と食物繊維、乳酸菌が内臓機能をサポートしてデトックス力を高めてくれます。
冷えが気になる場合は、ヨーグルトを電子レンジで温めて“ホットヨーグルト”に。内臓冷えによる代謝の低下を改善してくれます。

野菜ジュース・野菜スープ

どうしても時間がないときや、疲れが取れずあまり食欲がないときには、野菜ジュースや野菜たっぷりの温かいスープがおすすめ。

野菜ジュースからはエネルギー源である糖質と、代謝を高めるビタミン・ミネラルをチャージすることができます。

野菜がたっぷり入った温かいスープは、内臓を温めてはたらきを活性化させます。食物繊維も豊富なため、便秘解消も期待できますよ。

朝ごはんで、美人になろう!


スリムになるために朝は抜く?そんなのもったいない!
しっかりエネルギーをチャージして体内のはたらきを活性化した方が、朝ごはんを食べないときよりもずっとエネルギーを消費できます。

1日のはじまりの“朝”だからこそ、食事メニューにはこだわるべき。体内を目覚めさせエネルギッシュな状態に整える朝ごはんで、活発で美しい身体を目指しましょう!(Nao Kiyota/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事