2016.05.07

新生活から1ヶ月。遠距離恋愛を乗り越えるコツをおさらいしましょ

4月から新生活がはじまり、遠距離恋愛になったコもいるのではないでしょうか。
生活にも慣れないし、彼に会えない寂しさもあるし、遠距離恋愛のあなたにとっていまの時期はいちばんツラいはず。

遠距離恋愛を乗り越えるコツをもう一度おさえて、ふたりの関係をしっかりつなぎとめておきましょう。

1.こまめに連絡をとる

会える時間が少なくなってしまうのは仕方ないですから、LINEなどのSNSを活用しましょう。
きちんとお互いを感じられないのは寂しいものですが、顔が見えないほうが伝えられる気持ちもあるはずですよ。彼に感じていた愛情を、いつも以上に示してあげましょう。

せっかくですから、いままで以上にこまめに連絡を取り合うきっかけにもしたいですね。

とはいえ、盛り上がってしまうとついついLINEのやりとりも長く続いてしまいがち。新しい生活に慣れないうちは、話したいことがあっても連絡はほどほどにして、夜はきちんと寝ましょう。

「そろそろ寝よう!」と自分から切り出せば、「気を配ってくれてうれしいなあ」と彼も思ってくれますよ。

2.月に1回は会えるようにスケジュールをたてる

月に1回はデートの日を決めて、その日を楽しみに毎日を過ごしましょう。
「せっかくの一日だからきちんと計画を立てよう!」と、スケジュールを決めるところからワクワクして寂しさも考えずに済むはず。

また、その日を楽しみに毎日を過ごすことで、デートのモチベーションを高めることもできます。

計画をきっちりと練って、いざ当日は彼の住む土地へのプチ旅行、といった気分でデートを楽しむのもいいですね。

せっかくお金を出して遠いところまで会いに行くのですから、、その土地でできることを楽しんじゃいましょう。

3.しっかりと気持ちを伝える

彼が近くにいると、慣れてきてしまって素直な気持ちを伝えることが少なくなってきますよね。「好き」という気持ちはもちろん、ちょっとしたプレゼントに「ありがとう」や、ケンカしたときには「ごめんなさい」。
こうした言葉って普段から彼に伝えられていますか?

遠距離恋愛のコワイところは、ちょっとしたケンカや小さなすれ違いが深い溝になってしまうこと。
さらに、一度気持ちを伝えそびれると、会うタイミングが少ないですから、ギクシャクしたままどんどんと時間が過ぎてしまいます。

「好き」とか「ありがとう」という気持ちは思ったときにしっかりと言葉にして伝えないと、彼の心も遠ざかってしまいますよ。

ちょっと照れくさくても、素直な気持ちを言葉に出してみましょう。

4.友達と過ごす時間を増やす

いままでは「どんな予定よりも彼氏とのデートが優先!」というコも多かったのではないでしょうか。

遠距離恋愛になってしまうと、もちろんなかなかそうはいかないものです。

これまでは彼氏との予定ばかりだったあなた。いざ遠距離恋愛がスタートして彼と会えないことでさみしくてツライ…という日々が増えると、その寂しさを誰かで埋めたくなってしまいますよね。そのツラい気持ちを彼にぶつけるわけにもいかず、ストレスもたまってしまうことでしょう。

それだったら、いままでデートに使っていた時間を友達とパーッと遊ぶ時間にあてましょう。友達と会うことで寂しさもなくなりますし、彼と会えないストレスも解消されますよ。
彼も大事な存在ですが、友達も一生付き合っていける大事な存在。

一緒に過ごすことで、交流の幅も広がっていきますし、いろいろな経験ができるようになりますから、ぜひ大切にしてくださいね。

おわりに

遠距離恋愛というと、「なかなか彼と会えなくなってさみしい」、「続けるのが難しそう」、というイメージがあるかもしれません。

でも、会えない距離にいるからこそ、彼を大切に思ったり、いままで当たり前だったことにも感謝の気持ちを感じられるようになりますよ。愛を深めるチャンスだと考えて、ぜひポジティブに乗り越えてくださいね。(桃助/ライター)

(ハウコレ編集部)
(こいずみさき/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事