2016.05.12

続かないダイエットは卒業!見て、触って、揉み込んで成功させるダイエットの3ヵ条

こんにちは。セルフトレーニングコーチのNaoです。
魅力溢れる潤い美人になる“自分自身のための”セルフトレーニング、一緒にしましょ!

「ダイエットしても、いつも続かない」その原因は、“戦略ミス”にあるかもしれません。効率よく目標に向かって前向きに取り組める工夫を取り入れていきましょう。

『努力のしっぱなし』では、『ダイエット熱』が冷める

食事を変えたり、運動を取り入れたり、ストレッチやヨガを始めたり……
消費カロリーを増やして体を引き締めていくためのトレーニングを取り入れると、それだけで満足してしまったり、ワンパターンな努力に慣れてきて飽きてしまったりしますよね。

目に見えた変化がすぐに訪れるわけではないため、途中で「どうせ変わらないや」と諦めてしまうことも。こんなふうに、努力を“しっぱなし(=するだけ)”では、続けることが難しく、挫折しやすくなります。

ダイエットを“結果が出るまでちゃんと続けられる”ようにするには、目標を毎日確認できるようにして、変化をしっかりと感じることが大切。やっているだけで変化にも気付かず、すぐに飽きてしまうダイエットは今日でおしまいにしましょう。

毎日、見ること

毎日、自分の体と向き合いましょう。鏡でしっかりボディラインをチェックします。毎日自分の体を見ていると、体調やお腹の調子によってむくみ具合やお腹の張りに気づきます。

変化に気づくと、食事や運動の工夫で対応できるようになりますよ。小さな変化にも気づけるため、モチベーションも高めやすくなります。

わざわざ時間をつくらなくても、お風呂に入るついでにチェックすればOK。「ここを引き締めたいな」という目標設定もしやすくなります。

毎日、触ること

毎日、自分の体を触りましょう。温かく、柔らかい状態が代謝の良い状態です。
冷たくこり固まっていれば、冷えによる低代謝や、老廃物の蓄積が起こっている可能性アリ。
毎日触れると、体調の変化に気づくことができますし、こり固まった部分を探してほぐすことができます。

毎日、揉み込むこと

触って冷た〜い部分や硬い部分が見つかったら、優しく揉み込みましょう。
マッサージには、体液循環を促して代謝を高める効果やリラックス効果が期待できます。ダイエット効果を高め、より短期間でダイエットを成功に導くことができますよ。

ただし、食後すぐはマッサージを避けましょう。食後は内臓が活発にはたらき、消化に血液が集中しているため、マッサージで血行を促すと内臓に大きな負担をかけてしまいます。

今日からあなたが、あなただけの「専属トレーナー」です


見て、触って、揉み込む。自分を知り、目標を立てることで実行へのモチベーションを高めることが可能です。
なにごとも、成功している人は自分をしっかりコントロールできています。

自分をコントロールするためには、自分のことを知ることが大切。見て、触って、自分の身体と仲良くなりましょう。揉み込んでいたわれるようになると、さらにコンディションを整えやすくなりますよ。

今日から、あなた自身が、ダイエットを成功へと導く“自分だけの専属トレーナー”になってくださいね。(Nao Kiyota/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事