2016.05.13

キレイは食べて育てる!ダイエット&美肌に効くスープ4選

こんにちは。セルフトレーニングコーチのNaoです。
魅力溢れる潤い美人になる“自分自身のための”セルフトレーニング、一緒にしましょ!

内臓を温めてはたらきを活性化し、代謝アップに欠かせない栄養素をたっぷり摂取することができる「スープ」は、ダイエットにも、美肌づくりにもぴったり。温かい汁物は食事の満足感をアップさせることもできるため、食べ過ぎ防止にも役立ちますよ。

とはいえ、いつも同じスープでは飽きてしまって続きませんよね。そこで今回は、ダイエットや美肌効果の期待できるおすすめスープを4種ご紹介します。

アンチエイジング&ダイエットに効く「トマトスープ」

アンチエイジングといえば、抗酸化成分「リコピン」が豊富に含まれるトマト。リコピンには、メラニン生成の抑制やコラーゲンの産生促進、しわ・たるみの抑制効果があるといわれています。

トマトは他の野菜との相性が良く、野菜たっぷりの具だくさんスープにするのがおすすめ。キャベツやたまねぎ、ピーマン、セロリ、にんじんなどの色とりどりの野菜を一口大にカットしてトマト缶とコンソメ(または、チキン)スープで煮込み、塩・こしょうで味を調えます。

たっぷりの野菜で満足感を得ることができるので、ダイエット中のカロリーセーブに役立つ救世主スープです。

さらに大豆を加えると、たんぱく質や女性ホルモンのはたらきを助けるビタミンEを摂取することができますよ。

脂肪燃焼効果抜群!「きのこ入りキムチスープ」

食物繊維たっぷりで便秘の予防・改善効果の期待できる「舞茸」や「エリンギ」などのきのこ類や、たんぱく質たっぷりの「鶏むね肉」を、「キムチ鍋の素」で味付けしたスープで煮込みます。食感のアクセントとかさ増しに「もやし」を入れるのもおすすめです。

キムチのピリ辛成分は、代謝を高めてデトックス力を高める効果が期待でき、ダイエット中の消費カロリーアップに役立ちます。筋肉の材料であるたんぱく質を鶏むね肉からしっかりチャージして、シェイプアップに欠かせない筋肉を育てましょう。

女性ホルモンのはたらきを整える「豆乳スープ」

豆乳からは、たんぱく質や女性ホルモンのはたらきをサポートするビタミンEを摂取することが可能。ホルモンバランスが整うことで基礎代謝や肌のターンオーバーを促進することができます。

白菜、たまねぎ、にんじん、きのこなどを豆乳で煮込み、コンソメスープやバターと合わせるのがおすすめ。味噌を合わせても美味しいですよ。

便秘改善&髪も艶めく「わかめスープ」

サラダでなかなか摂れないのがわかめやひじきなどの海藻類ではないでしょうか。

食物繊維がたっぷりで整腸作用がある海藻類は、ダイエットや美肌づくりにおいて積極的に取り入れたい食材。スープなら、たっぷり食べることができますよ。

わかめは単体でもスープにいれると美味しいところが魅力の1つ。中華スープやコンソメスープ、味噌汁など、好きなスープに乾燥わかめをたっぷり入れるだけで、手軽に食べることができます。えのきやごま、大根などと相性も良いですよ。

スープで美味しくダイエット!


食事の最初に野菜やきのこ、海藻のたっぷり入ったスープを食べることで、消化・吸収のはたらきを高めて代謝を上げ、満腹感を得やすくなります。様々な種類のスープを飲むことで飽きにくく、栄養バランスを整えやすくなります。

ダイエットにも、美肌づくりにも役立つスープを毎日の食生活に取り入れて、潤うスリム美人を目指してくださいね。(Nao Kiyota/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事