2016.05.14

正直その恋、難しいです…。「復縁をあきらめるべき」4つのタイミング

こんにちは、恋愛心理カウンセラーの木田真也です。

別れた相手と復縁したいといった、ご相談をよく受けます。
そこでよくされるご質問が、「こんな状態でも復縁できますか・・?」といったもの。
ほとんど、「できます」とお答えするのですが、どうしても難しい場合も正直言ってあります。

なんでもかんでも過去は捨てて新しい恋に向かうことこそが前向きだ良いことだとは思いませんが、それでも次の4つに当てはまる場合は、新しい恋をおすすめしています。

もし、これを読んでいるあなたが、復縁に向けて頑張っていくか、諦めて新しい恋に向かうか迷っていらっしゃるのであれば、次の4つを見て決めるのはいかがでしょうか?それでは早速お伝えしていきます。

1.他に気になっている人がいる

もし、あなたに新しく好きな人や気になる人ができたのであれば、復縁はやめた方がいいでしょう。

「元カレ以外に好きな人ができたらそっちに行くのは当然じゃない?」と思うかもしれませんが、ご相談される方の中には、好きな人ができたけど、悔しいからとか、プライドが傷ついたからといったことで、元カレにこだわる方もいらっしゃいます。

しかし、当然のことながら、悔しさで復縁は頑張ることはできませんし、色々な感情が入り混じって、あなたの魅力をうまく伝えることができなくなります。ここは素直に好きな人と付き合うことが大事です。

2.相手が人として問題を抱えている場合

カレが社会で生きていくうえで問題となるような部分を抱えているのなら、やめておいた方がいいでしょう。例えば、暴力を振るう、借金をすぐにする、何かに過剰な依存をしているなど。

この場合、従来の復縁方法ではなかなか上手くいかないことに加えて、何より関わり続けることで相談者さんが不幸になることは目に見えています。
新しく健全な方とお付き合いをされて、幸せな恋愛をした方がいいに決まっています。

3.別れた理由がどうしようもない理由であるとき

別れた理由が、あなたの力ではどうしようもないときは、諦めたほうがいいです。

たとえば、元カレが同性愛に目覚めてしまい、女性とは付き合いたくない。
または、日本人の存在自体が嫌で、絶対にアメリカ人と結婚したいとか。
もしくは、年収10億円ある人でないとダメとか、、むちゃくちゃな理由の場合です。

これはあなたの努力でどうにもならないことだと思います。さっさと次を探しましょう。
その理由をクリアする難しさもありますが、そんな「とうてい無理なもの」をあなたに求める男性と長く付き合っていくことも、やはり難しいことだと思いますよ。

4.相手が結婚してしまった

相手が結婚してしまった場合、復縁は難しいでしょう。単純な話、不倫関係になってしまいますからね。

正直言うと、この場合も粘って時間をかければ復縁できる可能性はあります。
いつか、相手の方が結婚生活がうまくいかなくなり、離婚するかもしれないからです。
しかし、それは10年以上先かもしれませんし、一生離婚しないかもしれません。

これは相手次第ですし、気が遠くなるようなことですので、キッパリ諦めた方がいいでしょう。

おわりに

以上の4つに当てはまる方は、復縁は諦めた方がいいでしょう。でも、逆に言うと、上記に当てはまらない場合は、頑張ってみてもいいかもしれません。

遠距離もOK、相手から連絡がなくても、復縁することは可能なんですね。参考になさってみてくださいね。(木田真也/ライター)

(ハウコレ編集部)
(新部宏美/モデル)
(泉三郎/カメラマン)

関連記事