2016.05.14

本当は、やり直したい……。浮気して去っていった彼とよりを戻すコツ・4つ

春が来て新しい出会いがあった人もいれば、今まで付き合っていた恋人と別れた人もいる。

カップルが別れる原因には色々あるけれど、今回は彼氏に浮気されて別れることになった場合の話だよ。別れたとはいえ、まだ彼のことが嫌いになれず、できればまたよりを戻したいと思っている……

こんなときはどうすればいいんだろう。もしかしたら彼のほうでもやり直したいと思ってくれているかもしれないよね。二人の気持ちが再び近づくためのコツを一つずつチェックしていこう。

1.自分のせいにしない

彼氏が浮気したのは彼女である私のせい……こんなふうに思わないでいいんだよ。
女子だって、テレビコマーシャルとかでイケメン俳優さんとかが映るとつい目が行っちゃうことがあったりしないかな。
それって別に自分の彼氏が何か悪いことをしたから俳優さんに目が行っちゃうっていうわけじゃないよね。

それと同じで、男子が彼女以外の女子につい目が行っちゃうのも、彼女が悪いからってわけじゃないんだよ。

彼氏の目が自分以外の女子に向いちゃったら確かにあまり気分のいいものじゃないけど、だからといってそれは自分の魅力の無さが原因だとかいうふうに誤解しないでいいんだね。

2.自分を修正しない

自分をせいだと誤解しちゃうと、自分で思う自分の悪い点を直そうとする流れになりやすいし、自分のせいだと思ってなくても、何か原因があるならやっぱりそこは直さなきゃいけないかなって思いやすいよね。

たとえば自分が彼に口うるさくいろいろ言っちゃったから彼は面倒だとか重いとか思って浮気に走ったのかなって思ったとすると、だったらこれからはもう彼にあまり何も言わないようにしようっていう風になる。

でもそうすると今度は彼が「俺に興味なくなったのかな」って誤解するんだ。今まで色々言ってきた彼女が何も急に言ってこなくなるから冷めちゃったみたいに感じるんだね。

3.彼の事情に配慮する

彼とよりを戻したいと思ったとき、その気持ちをストレートに伝えるとかえって逆効果になってしまうかもしれないよ。たとえばシンプルに「戻ってきてほしい」と彼に言ったとすると、彼は「そんなこと言われても……」と思って困っちゃう。彼には彼の事情があって生活がある。

自分の生活を変えさせられようとしていると感じるといやな気分になるんだね。
あくまでも「あなたが幸せならそれでいいけど私はこう思ってる」という彼に配慮したスタンスで臨み、「戻ってきてほしい」ではなく「私はあなたと一緒にいたい」と言おう。彼と一緒にいたいというあなたの意思が伝わればそれでいいんだね。

4.彼の心情を理解する

彼に浮気されたとき、どんな気持ちになったかな。頭にきて怒鳴り散らした人もいるかもしれないし、悲しくて泣きはらした人もいるかもしれないね。

あなたという大切な彼女が怒ったり泣いたりしているのを見ると、彼は「自分はこの子を幸せにできなかった」と感じて、「自分はダメだなあ……」「男として情けないなあ……」みたいに思って去っていくことがあるんだよ。

浮気したとしても、根が真面目で優しい男子であればあるほど、怒ったり泣いたりしている彼女をずっと見ていられなくて、ずっと見ているのがつらくなってきて、一緒にいたくても一緒にいられなくなり、知らずに距離が遠のいてしまうんだね。

おわりに

彼はあなたのせいで浮気したわけじゃない。彼自身もそれはよくわかっているよ。
だからこそ、別れることになってしまったのを「俺のせいだから仕方ない……」と思って自分を責めたりやり直すのをあきらめたりしているかもしれないんだ。
そこであなたのほうから歩み寄って自分の本当の気持ちを伝えることが大事になってくるんだね。

すると彼のほうも「俺もやり直したいと思っていいのかな……」という気持ちになってくるよ。まだ好きな彼と一緒にもう一度恋人同士として歩んでいけるといいね。(羽林由鶴/ライター)
 
(ハウコレ編集部)
(島村遥/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事