勘違いさせないように義理チョコを渡す方法

バレンタインデーでは、本命の相手以外にも、色々な関係の人にチョコレートを配ることで、女性は世渡り経験を積んでいきます。

でも、義理チョコのつもりなのに誤解させてしまうと後々面倒なことになりかねません。それは相手も同じです。自分のためにも、相手のためにも、勘違いさせない義理チョコの渡し方を考えてみました。


手作りチョコではなく、市販チョコ

女性が考えている以上に、男性は勘違いをしやすい生き物です。女性は作ること自体を楽しんでいるのかもしれませんが、男性は「自分のために…」と感動してしまいます。

手作りではなく市販のチョコレートだとわかるものを用意しましょう。

ほかの女性と一緒に渡す

会社が一緒だから…、学校が一緒だから…、と義理チョコを渡す理由は様々だと思います。もしその所属に他にも女性がいれば、渡す相手が一緒になるかもしれません。

複数いるのなら、その女性達と同じタイミングで渡すことで、真剣な恋愛ではなく、ワイワイと楽しむイベントだというアピールができるでしょう。

シンプルな包装にする

凝った包装に楽しさを感じる女性もいるかもしれませんが、男性はそれを真剣さの意思表示と受け取るかもしれません。

特にハート模様のラッピングやシールはわざわざ使わなくて良いものです。携帯電話メールの、ハートマークの絵文字についても同じことがいえるかもしれませんね。

義理だと思わせる一言を添える

皆さんには日頃からお世話になっているので」や、「予想よりたくさん作ってしまったので」など、当たり障りのない一言を添えて渡します。

いっそのこと、「義理チョコですが…」と言うと相手も笑ってくれるかもしれません。複数の渡す相手が同じ場所にいるときには、特に有効でしょう。

14日より前の日に

「14日は他に予定があるので、少し早めですが」などと言い、バレンタインデー当日ではない日に渡してみるのもいいでしょう。 「他に予定」=本命?と感じ取ってくれるかもしれません。

おわりに

いかがでしたか? あくまで勘違いされない渡し方としてあげてみましたが、そこまで頑な(かたくな)になることはなく、楽しいイベントの一つとして男性も女性もバレンタインを楽しみましょうね。