2016.05.17

ダイエットは「頑張れば頑張るほど失敗してしまう」ワケ

こんにちは。セルフトレーニングコーチのNaoです。
魅力溢れる潤い美人になる“自分自身のための”セルフトレーニング、一緒にしましょ!

ダイエットを成功させ、スリム体型をキープするには、そのための行動を“自然に”“楽しみながら”“続けられる”ことが大切。

実は、一生懸命頑張ったり、辛い我慢をし続けたりすればするほど、次のように“失敗”に追い込んでしまうのです……!

我慢ばかりでストレスを溜め込むと、リバウンドを招く

ストレスを溜め込んでしまうほどの辛い運動や食事制限を続けると、いつかは「もう嫌!」と爆発してしまいます。すると、せっかくの運動や食事制限が水の泡になるほど食べ過ぎて、リバウンドすることに……。

食べることが大好きな人ほど、「このまま食べ続けてはダメ!変わらなきゃ!」と食事を我慢することばかりにやっきになって、ストレスを溜め込んでしまいがち。

スモールステップで少しずつ食事内容や量を調節したり、たまには食べたいものを思いっきり楽しむ日を設けたりすることで、定期的にストレスを解消するようにしましょう。

ストイックにすると『失敗グセ』がつく

ダイエットを短期間で成功させようとしてストイックなメニューを組んでしまう人は要注意。ライフスタイルや性格に合わない習慣は、なかなか続けることができません。

どんなダイエット法でも成功するまで続けなければ理想のボディラインは手に入りませんから、結局は三日坊主になったり、「効果が出なかったな」と諦めることになってしまいます。

こんなふうに「またダメだった」という経験を繰り返して“失敗グセ”がつくと、心機一転、新しい方法を取り入れようとしたときに「どうせやってもダメだよね」と前向きに取り組めなくなってしまいます。

“続けられるもの”や“楽しめるもの”に取り組んで、失敗グセをつけないようにしましょう。

理想ばかりを追い求めすぎると、自分を受け入れられなくなってしまう

前向きに「もっと良くなりたい」とダイエットや自分磨きに取り組むのはとても良いこと。

しかし、前向きな気持ちが「理想でない自分はダメ」のような否定的な気持ちになってしまうと、それはちょっと“行き過ぎ”。
今の自分がどうしても受け入れられなくなってしまうと、どんなに頑張っても満足できず「成功」にたどり着けなくなってしまいます。

摂食障害を招く危険性もあるため、今の自分をしっかり受け入れて、“もっと良くなるための”トレーニングとして取り組むことをおすすめします。

ダイエットを“もっと素敵になるためのトレーニング”にする3つのコツ

1.ライフスタイルに合った無理のないプランを立てる
ダイエットに取り組む前に、自身の性格やライフスタイルをよく見直し、健康を害さず“無理のない”プランを立てましょう。
時間がかかっても、無理のないプランを続けたほうが成功しやすく、成功後の体型を維持しやすくなります。

2.週に1 度は“ダイエットしない日”をつくる
“ダイエット中だから”と我慢が毎日続けばストレスが溜まってしまいます。週に1日程度を目安に頑張らない日を設け、運動せずに身体を休めたり、カロリーや栄養素を気にせずに思いっきり食事を楽しんだりしましょう。

3.カロリーや体重の数値にこだわりすぎない
私たち人間の顔や体型が人によって異なるように、食材のもつカロリーもものによって異なります。また、時間帯や体調によって体重1〜3kg程度の増減は自然です。ちょっとのカロリーオーバーや体重の増加に敏感に落ち込まず、長いスパンで、“だいたい”の数で考えることがストレスを溜め込まない秘訣です。

ダイエットが楽しくなったら成功も近い!


ダイエットにやっきになってストレスを溜め込むと、失敗しやすくなってしまいます。

負担や不安を大きくしすぎず、無理なく楽しめるような計画を立て、前向きに取り組むことが成功の近道。楽しく毎日続けられる習慣で、メリハリボディを実現してくださいね。(Nao Kiyota/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事