2016.05.18

知ってるようで知らない!?日常生活に活かす干支占い-辰年の恋愛編-

日本でも馴染み深い「干支」は古くから中国で使われていたもので、12周期で月を数えるための記号でしたが、それをもっとわかりやすくするために動物を用いたとされています。

そんな十二支は月だけではなく、年や日・時間・方位などにも活用されてきました。それほど私たちの生活に馴染みがあり、浸透している干支ですが、意外とその性質や相性は知らないもの。

そこで今回は、干支による日常生活に活かした恋愛運UP術をご紹介致します。

1.辰年の性格

辰年のあなたは、十二支唯一の架空の動物であるためか、自分に自信を持っていて、自分が一番でいたいところがあります。
しかし根はサッパリしており、誰かを蹴落としたりするようなところはなく、終わったことに対していつまでもくよくよすることもないでしょう。

いわゆる姉御肌的なところがあり、年下の面倒をよく見る世話好きな一面もあります。夢を抱くことでハリが生まれ、何ごともうまくいくようになるとされています。

2.辰年の恋愛運

辰年のあなたは、ロマンチストで何ごとに対しても一本気な性格。いつもドラマチックな恋に憧れているところがありますますが、ちょっぴり恋に鈍感なところもあるため、相手からのアプローチに気づかないところも。

夢見がちなのもいいのですが、自分の周りの異性をじっくり見渡してみることもときには大切です。ややプライドが高いので、衝突しそうなときには一歩引いて、彼のチアガールになった気分でいると上手くいくでしょう。

3.辰年のあなたにとって相性のいい相手

【子年の男性】
子年生まれの男性は、辰年生まれのあなたの夢や理想をよく聞いてくれる楽しい相手。感情の波が激しいあなたと上手に付き合ってくれるでしょう。

【寅年の男性】
寅年生まれの男性は、現実主義者が多いため大きなビジョンを持つ辰年に好意を持ちやすいとされます。束縛しなければあなたの良さを引き出してくれるキーパーソンに。

【巳年の男性】 
巳年生まれの男性は、辰年生まれのあなたにとって、お互いの短所を補い合える関係。あなたの自分勝手さがなくなり、彼の嫉妬深い性格が抑えられるでしょう。

4.辰年のあなたにとって努力が必要な相性

【卯年の男性】  
卯年生まれの男性は一見すると大人しそうですが、かなり頑固な部分を持っています。そのため、あなたからすると心を許してくれない相手のように見えるかもしれません。

【辰年の男性】 
辰年生まれの男性とは、何故かライバル心を燃やしてしまい、ギスギスした関係になりがち。感情が激しい二人なので、お互いの言い分を聞くように努めましょう。

【戌年の男性】 
戌年生まれの男性は、保守的で何ごとも守りの姿勢を通そうとします。そのため、自由で奔放なあなたからしたら価値観の合わない相手と感じるでしょうが、学ぶことは多いはず。

おわりに

いかがでしたか?干支でみる自分の本質的な部分や、彼の特長や傾向を知っておくことで、より良い関係を築くことができるはず。

意外と知られているようで知られていない干支の相性。
ぜひ参考にして、彼とのお付き合いに役立ててみてください。いまよりももっと仲良くなれるかもしれませんよ。(月星ルナ/ライター)

(ハウコレ/編集部)

関連記事