2016.05.21

痩せたいなら揉みまくれ!彼の視線ひとりじめ「フェロモンふくらはぎ」の作り方3つ

皆さんこんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上あいこです。

先日、友人がSNSで呟いていました。「谷間は見ちゃうけど、胸の形なんて見てない」「柔らかそうなふくらはぎとか太ももは見るけど、足が真っ直ぐでもO脚でも気にしてない」。え?そうなの?

個人差はあれど、男性のこだわりポイントと女性のこだわりポイントはこんなに違うものかとびっくり。形は置いといても、柔らかそうなふくらはぎに引き締まった足首は男性の視線独り占めのようです。

そんな、大事なポイントふくらはぎ。実は、視線を独り占めできるだけではなく、ダイエットにも大きく関係しているパーツなのです。

◇まずは浮腫み

もっちりとしたもち肌感は残しつつも、すっきりと締まったふくらはぎの美しさは別格。そんなふくらはぎを目指すなら、まずは改善したい足の浮腫み。

一日中、体重を支えてくれている足には血液や水分、老廃物などが溜まりやすく浮腫みの出やすい場所。浮腫みを放置することは、見た目にも美しくないばかりではなく、身体の新陳代謝も滞りがちになるので痩せにくくなってしまいます。

体重を減らすだけではなかなか「美しいふくらはぎ」を作ることはできません。足を高くしたり、浮腫み防止の靴下を履いたり、浮腫みを改善するちょっとしたことを実践すると同時に大切なのがマッサージです。

◇ふくらはぎから心臓へ血液を戻そう

見た目にも内面的にも美しいふくらはぎを作るなら、毎日欠かせないのがマッサージ。
まずは、足を湯船でしっかり温めます。血流が良くなったところで、オイルやクリームを使ってマッサージするようにしましょう。

ちょっと気分を出したいなら、バブルバスでマッサージもいいかも。「自分はいい女」そんな思い込みも大事。オンナには大事です、思い込み。
マッサージのポイントは、心臓へ血液を戻すこと。
足の指の間から足首、そしてふくらはぎから膝へと血液を戻すイメージです。難しいマッサージ技術はなくてもいいので、血液や水分を上へ上げていくイメージで足をしっかり撫で上げましょう。

凝っていたり、水分が溜まっていたり、指で痛気持ちいいと感じる場所があるはず。そんな場所は手が疲れない程度に特にしっかりほぐしましょうね。

◇血流の良さが桃色ふくらはぎのポイント

マッサージをしてしっかりほぐしたふくらはぎ。浮腫みもなくなって血流も良くなると、ふにゃふにゃもちもちのスイーツのような手触りに変身します。赤ちゃんのお尻のようなもちもち感、最高に気持ちいいですよね。

「触ってみたい」と彼が思うようなふくらはぎの完成です。血流が良くなることで、見た目にもうっすら桃色。浮腫みもなくなって張りのあるふくらはぎになる上、老廃物を流すことで新陳代謝も良くなり痩せやすい身体に変化していくはず。

おわりに

「浮腫んじゃった」なんて軽く考えがちですが、ふくらはぎケアは「美しさ」に欠かせないポイントです。彼の目につきやすい「足」パーツ。

浮腫んで血色も悪く、ぶよぶよとしたふくらはぎでいるのはもったいない!軽くでいいので、毎日のマッサージを習慣にしてみてくださいね。(川上あいこ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事