2016.05.20

「もう可愛すぎ……!」彼の心を掴むベッドの中でのモテ仕草

可愛い下着やつるつるのお肌……見た目に気を遣うのはもちろん大事。でも、それだけでは男心は完全には掴めません。

今回は、男性が思わず「この女は俺のもの!絶対に離したくない!」と思ってしまうような、ベッドの中でのモテ仕草についてレクチャーします。

■自分から脱ぐのもたまにはOK

基本的に服は男が脱がせるもの!のようなイメージがありますが、いつも脱がされるのを待っているだけじゃ芸がない。
たまには「我慢できない……」という感じで自分から脱いでみると、彼をドキドキさせられるかも。

この技は、普段ちょっと奥手なタイプの女性ほど効果的。積極的なタイプの女性は「自分で脱がなきゃダメ?」とちょっと小悪魔っぽく彼に聞いてみてもいいかもしれません。

■エッチのときの表情もポイント

恥ずかしいからと言って、布団や手で自分の顔を隠してしまうのはもったいない!男の人は女の子の恥ずかしがっている顔が見たいのです。

「恥ずかしい!」と思ったら、彼を困った顔で見つめてみたり、上目遣いで照れた風にちょっと笑ってみたりすると効果的。
我慢せずに、思いっきり恥ずかしがった表情を見せてしまいましょう。

逆に気持ちがいいときは、とろんとした表情も魅力的ですが、眉間にシワを寄せて快感を我慢しているような表情も、男性的にはグッとくるそう。ちょっとMっぽく振る舞うといいかもしれません。

■腕や首にギュッ!

向かい合わせになっているときには、彼の首に腕を回してみましょう。体を預けるような形になるので、男性からすると「信頼されているような感じがする」のだそう。

また、感じているときに彼の腕や背中、ベッドのシーツなどをギュッと握ると、仕草だけで快感を伝えることもできます。言葉に出して言うのが恥ずかしいときは、ギュッと握ったり抱きついたりすると、彼も興奮してしまうこと間違いなし!

■出しても抑えてもセクシーなのは声!

エッチのときの女の子の声は、男性の興奮度にも大きく作用します。声を抑えるように手で自分の口を塞いでみたり、逆に我慢しきれなくなってちょっと大きい声が出てしまっても大丈夫。

また、抱きついて彼の耳元でそっと吐息を漏らしてみるのも効果的です。声ひとつとっても、出す、堪える、漏らすなどなどやり方は様々。視覚だけじゃなく、聴覚でもしっかり男性を興奮させてあげてくださいね。

■終わった後も気を抜けない

エッチの後の男性は、いわゆる“賢者モード”。ここで色気のない姿を見せてしまうと、超幻滅されちゃうかも……。かといって、そそくさと下着をつけたり、洋服を着てしまうのもNG。

オススメなのは、さらっと着れるベビードール。ちょっと可愛いものを普段から着用していれば、エッチの後でよりセクシーな自分を演出できちゃいます。

眠るときも大股開きで大の字や、背中を向けて寝るなんて絶対にダメ! 彼にギュッと抱きついて、照れながら「気持ちよかったよ」と言えたらもう100点満点です。

■最後に

いかがでしたか? 彼とのエッチを盛り上げるためにも、マンネリしないためにも、実は大事なベッドの中での仕草。

普段よりほんのちょっと気を遣うだけでも、グッとセクシーに見えること間違いなしですよ。ぜひ試してみてください。(魚青子/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事