2011.05.08

もう強い洗剤は使わなくて大丈夫♪ 体にやさしい重曹を使ってラクラク掃除をする方法


汚れた場所を掃除するとき強い洗剤を使わなくても、
重曹なら簡単に綺麗に掃除ができます。


重曹を使うメリット

研磨などの効果があります。
油汚れ、焦げ落としなどに役立ちます。
重曹は水質汚染の問題がなく環境保護にも繋がります。
人体に対しても安全であるため、
強い洗剤を使うことに抵抗がある方にもおすすめします。

シンクの掃除



ついつい曇ってしまうシンクも、重曹でピカピカにできます。

シンクに重曹をパラパラと振り掛けます。
スポンジに水を含ませ、なぞるようにそっと優しく磨いていきます。
力を入れすぎると傷がついてしまうので、気をつけてください。
曇りが気になる部分を磨き終わったら、水を流します。

オーブン、電子レンジも綺麗に



まず、重曹ペーストを作ります。
割合は、(水1重曹、2)となります。どろっとした液状のものができます。
油汚れがひどい場合、重曹が活躍します。

いらない布を用意し、重曹ペーストを汚ごれが気になる部分に直接塗ります。
塗ったらその場所を少し強めに擦って汚れを落とします。

研磨効果があるので、塗装部分は様子をみながら擦ります。
強く擦ると塗装が剥がれることがあります。


冷蔵庫の掃除



油汚れ、手あかなどなにかと汚れてしまう冷蔵庫ですが、
重曹で簡単に綺麗にできます。

重曹水(割合:水200ml、重曹大さじ1杯)を作ります。
スプレー容器に入れて直接スプレーしていらない布等で拭きます。
容器は100円ショップなどにも売っています。

重曹は白く残りますので、必ずいらない布等で水拭きしてください。

配水管の掃除



つい後回しにしてしまう配水管も、重曹なら簡単に掃除ができます。

大量の重曹を振りかけて、数分置きます。
お湯かクエン酸水(割合:水200ml、クエン酸大さじ2杯)をゆっくりと流します。
こびりついた汚れを落とすには、歯ブラシで擦りながら流すと効果的です。

配水管についているごみ受けの裏側も擦って掃除すると、すっきりします。
このとき使い捨てのゴム手袋などを利用すると良いでしょう。

重曹を使って掃除

重曹は、市販の洗剤と同じ感覚で使うことができます。
環境にも優しく安全なので、ぜひ試してみてください。

参照「重曹の掃除方法」
http://jk.rodec.net/how_to.php

関連記事