2016.05.25

ちょっとだけ物足りない彼との恋愛が輝きを増すコツ・4つ

だいぶ暖かくなってきて、春の新鮮さもすっかり色あせた今日この頃。付き合い始めたはいいけれど、今の彼氏になんとなく物足りない感じを抱いている子はいないかな。

出会ったときの彼を好きだった気持ちを取り戻し、なおかつそれを上回る一途な愛を育んでいくためにはどうすればいいんだろう。
ちょっとしたことで二人の関係は変わっていくものだから、まだ捨てちゃうのはもったいないかもしれないよ。

1.いつも同じデート

デートは結構してくれるほうだと思うけど、行くのはいつも同じレストランばっかり……どうして彼は他の場所に連れていってくれないんだろう。

もしかして彼はその場所しか知らないのかな?今どきはネットですぐ調べられるから、大抵は色々なお店を知ってたりするよね。その場合、実は彼がその場所を好きっていうよりも、あなたが好きな場所であると彼は思いこんでいたりするよ。

以前一回くらいそこが好きって彼に話したことはないかな。それを彼はずっと大事に覚えていてくれていて、あなたを喜ばせたい一心で毎回同じ場所に行こうとしているんだね。

2.仕事の話しかしない

せっかくのお休みに二人でお出かけしているのに、なぜか彼は自分の仕事の話しかしない……もっと他に何か気軽に楽しめるおしゃべりができたらいいのに。そんなに自分の仕事を自慢したいのかな?

仕事しか自信が持てるものがない男性だったらそのとおりだけど、そうじゃない普通の男の子はただ単に何を話していいかわからないだけかもしれないよ。

ことさら仕事の話がしたいっていうわけじゃないんだけど、仕事の話なら盛り上がりもしない代わりにスベることもない無難な話ということで消去法的に選んでるんだね。好きな女子とのデートだからこそ気まずい空気にしたくないってことだよ。

3.連絡をくれない

こちら側の一方的な片思いだったらいざ知らず、付き合っているのになぜかなかなかLINEをくれない……こんな風に悩んでいる子がいたらちょっと思い出してみよう。あなたからLINEしたら、彼はちゃんと返信してくれているんじゃないかな。

自分からLINEすることはできないけど、彼女からLINEが来れば必ず返すっていう男子もいるんだね。

なぜかっていうと、彼らには彼女にどのタイミングでLINEしたらいいのかがわからないから。していいと言われればできるし、むしろしたい気持ちはあるんで、連絡がほしければ具体的な指示を出してあげるといいよ。

4.言うことを聞いてくれる

常に彼氏のことを優先しなきゃならないっていうのも疲れるけれど、逆になんでも私の言うことを聞いてくれるだけの彼っていうのもそれはそれで物足りないよね。

「あれがしたいこれがしたい」って言うのが自分だけだと、なんだか私ばっかり相手を好きみたいで、彼は私のことなんてどうでもいいみたいに見えちゃうし。そんなときは、「私ばっかりわがまま言ってない?」と言ってみよう。

彼は「そんなことないよ」とか「友達からも優しいって言われるんだけどさあ」みたいに言うかもね。

そのあと彼女からたとえば「誘ってほしいと思ってるんだよね」とか言われた彼は、「あ、この子はこういう風に思ってたんだ」とわかるから、二人の関係性は変わってくるよ。

羽林由鶴からのメッセージ

付き合う前はあんなに焦がれていた恋人生活、いざ始まってみると思い描いていたのとはちょっと違ったりすることもよくあるよね。

でも、期待が外れた部分があったとしても、全部がどうしてもイヤ!っていう感じじゃなければもう少し様子を見ていってもいいかもしれないよ。

こちら側のとらえかたや言動を微調整するだけでぐっと素敵な関係に近づいたりするからね。芽生えた恋を大切に育てて、夏や秋、そして冬にだって大輪の花を咲かせよう。(羽林由鶴/ライター)

(ハウコレ編集部)
(黒田真友香/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事