2016.05.30

まずは自分から!カレが彼女から「大切にされているなぁ」と思う瞬間とは

カレとのデート中にさり気なく歩道側に誘導されたり、エスカレーターで下に立ってくれたときなど、「大切にされているなぁ」と実感することってありますよね。

女性同様に、男性も彼女の些細な言動でそれを実感してくれることがあるそうです。
今回は、彼女持ちの男性に聞いた「俺って彼女から大切にされているんだなぁ」と実感した話を参考に、できる彼女の気遣いをリサーチしていきましょう!

1.忙しくても連絡をしてきてくれるとき

「どんなに忙しくても、毎日必ず1回は連絡してくれるとき。家帰っても疲れてるから眠いだろうに、他愛のない内容の連絡をしてきてくれると、俺のこと思ってくれてるなぁと感じる」(25歳/自動車)

恋人に構ってほしいと思うのは女性だけではありません。彼女が忙しくしていることを分かっていても、やはり連絡が欲しいようです。

完全に連絡を途絶えさせてしまうと、「俺って忘れられてるのかな…」と思われてしまいますので、寝る前などにメッセージを送信するなど、習慣をつけておくのがオススメです。

2.心配をかけさせないようにしているとき

「ゼミの飲み会だから男女で飲むことは分かってたんだけど、心配かけさせまいと何度も連絡してきてくれる彼女に感動した」(21歳/大学生)

やはり異性がいるお酒の席すべてを避けて通るわけにはいきませんよね。仕方のないことだとわかっていても、やはりそこで連絡があるのとないのとでは大違い。

他にも、仕事で失敗して落ち込んでいるのに心配をかけさせまいと明るく振る舞ってくれる、といった配慮にも思いやりを感じるそうですよ。

あまりにも強がると「本音を話してくれない…」とカレが落ち込んでしまいかねませんので、適度にしておきましょう。

3.ちゃんと叱ってくれたとき

「完全に自己管理のミスで体調を崩しちゃって、治ったあとにマジな顔とトーンで叱られた。あんな怒った彼女を見たのは初めてだったけど、俺を思ってくれたからこその言葉だったと思う」(19歳/大学生)

ポイントは「カレのためを思って」怒るということです。むやみやたらにカレの欠点を指摘してしまうと機嫌を損ねてしまうので注意してくださいね。

回答してくれたカレは、「風邪をひいてつらいときではなく、治ったときに叱ってくれたことが特によかった」と教えてくれました。カレを前向きにさせられるような「叱り方」をしてあげましょう。

4.気持ちを素直に伝えてくれたとき

「やっぱり、ちゃんと「好き」って言ってくれるのは嬉しい。察してちゃんよりも、素直な方が絶対いい」(24歳/小売)

カレに対して、最後に「好き」と言ったのはいつでしょうか?
付き合いが長くなればなるほど自分の気持ちを伝えなくなってしまいます。または、付き合いたてだと嫌われるのが怖くて「寂しい」なんてことが言えなかったりもしますよね。

誰でも好きな人から素直な気持ちを伝えられるのは嬉しいもの。「あなたが大切」という気持ちが伝われば、カレからも大切にしてもらえるはずですよ。

おわりに

いくらカレのことを思いやっていたとしても、カレに伝わらなければそれはなかったも同然。
円満なカップルでいるためにも、カレを大切にして、大切にしてもらえるような努力を怠ってはいけません。

愛されたいなら自分から愛すること、と言われるように、大切にされたいならまずは自分から。どれも難しいことはありませんから、できることからはじめてみてくださいね!(桃花/ライター)

(ハウコレ編集部)
(中島健/モデル)
(泉三郎/カメラマン)

関連記事