2016.06.01

会いたいときだけじゃダメ!彼に今すぐ連絡をとるべき状況4つ

みなさん、こんにちは。
ハウコレライターの神野悠です。
スマホで毎日友達と連絡を取ることができるのは当たり前のことですが、肝心なときに連絡を忘れてしまっては元も子もないですよね。

そして、そういった小さなこじれがカップルの決定的な別れの原因になってしまうことも…。
そこで今回は、すぐに彼に連絡を取るべきシチュエーションを検証したいと思います。

1.待ち合わせに遅刻したとき

「遅刻すること自体は仕方ないと思うんです、誰だって完璧じゃないし。
ただ何かあったのか心配するっていうのもあるし、あとは礼儀として少しの遅刻でも連絡は入れて欲しいなって思いますね。何分に駅着くよーでこっちも余裕ができるので」(20歳/大学生)

寝坊して完全に遅刻だ!というときはすぐに連絡をいれると思いますが、数分遅刻しそう、ギリギリになりそう、そんなときにきちんと連絡をいれていますか?

少しだから連絡しなくていいや、なんて付き合う前や付き合ってすぐにはありえない感覚のはず。

何でもないことには反応が早いのに、なんで肝心な連絡ができないの…と男の子は不思議に感じているようです。

2.相手からの誘いを断るとき

「予定決まってないからまた連絡する、っていうのが断るための口実なら最初からばっさり切ってほしいです。予定が入るかもしれないのはお互いに同じだし」(24歳/会社員)

「変に期待しちゃうから、駆け引きとかなしですぐに連絡ほしいですね。もちろん本当に用事で携帯見れなかったなら仕方ないですけど…」(25歳/公務員)

デートに誘われたときだけではなく、複数人で会う予定を決めるときなども、出欠の連絡をすばやくいれる人のことは信頼できますよね。

確かにすぐに断ってしまうと冷たい感じがする、という気持ちもわかりますが、わざと長引かせても、どうせ断るならモヤモヤした状態は早めに解消するべきです。

誘ってくれたことに対するお礼の言葉を添えて、なるべく早く返事をするようにしましょう。

3.他の男の子と遊びに行くとき

「お互いの交友関係にまで口出しするのは良くないから連絡する約束をしていたわけではなかったんですけど、彼女が自主的に連絡してくれていました。
これが実は精神的な安心につながっていたんだなって思います」(23歳/SE)

「男の子もいるんだけど、行ってきても良い?」なんて自意識過剰で聞けない!という方もいるかもしれませんが、のちの揉めごとの原因を作らないためにも、連絡はいれておくことをおすすめします。

自主的な報告という形ならば、お互いを縛ることにもなりません。信頼関係を築いていくには、主体性も大事ですね。

4.プレゼントをもらったとき

「彼女にプレゼントをあげたら、帰り際別れたあとすぐに連絡がきて、さらに翌日にもお礼の連絡が来ました(笑)。
喜んでくれたのが伝わってきて、こっちもうれしくなりましたね」(21歳/大学生)

彼氏からプレゼントをもらったとき、その場でお礼を言えない人はいないでしょう。
そのあと、改めてお礼の連絡をいれていますか?プレゼントのどんなところが気に入ったのかなど具体的にうれしかったことを文字にして伝えるようにしましょう。

もらった日にすぐ連絡を入れるのが当たり前ですが、もちろん次の日に改めても効果ありです。

おわりに

いかがでしたか?
すぐに連絡が取れる状態なのに、ついつい後回しにしてしまうことってありますよね。

相手が不快に思わないように、ていねいですばやい連絡を心がけるようにしましょう。(神野悠/ライター)

(ハウコレ編集部)
(吉木千沙都/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事