2011.05.20

買い物に行くのが億劫な季節…知っておきたい!梅雨時の食品の買い方のコツ

 

 梅雨時、連日の雨。

 何がつらいって、日々の夕食の買物程つらい事は無いかも知れない。

 

 晴れ間を狙って、買って置けば、後はゆっくり有る物で、夕飯の献立でも考えて過ごしましょう。

調味料は有っても買って置く!

 意外とかさばる上に、切らす訳にはいかない物。

 そしてそのほとんどが、長期保存が可能。

 

 基本中の基本、調味料無くして、料理は語れません!というか作れません!

 

 塩や砂糖はそもそも賞味期限すらあやふやな物、普段から安い時に買って置く事と、経済的。

 

 また、みりん料理酒味噌など見落としがちですから、予備の有無に限らず、晴れ間の買い物時には買ってしまいましょう。

冷凍保存可能なタッパーで保存する!

 晴れ間の買物の後は野菜など腐らせる前に、調理して冷凍保存して仕舞いまえば、後は同じ物が続かない様にローテーションを組んで、またランダムに出すだけです。

 

 

味付け前の状態で保存する事で、違う料理になる!

 極端な話、玉葱と肉を煮ておきます。コレにルーを入れるだけで、ハヤシライスにも、カレーにも、シチューにもなり、味付けしだいでスープにもなるのです!

 違う料理にするまでもなく、味付けが代わるだけで気分も変わります。

 手抜きのススメでは有りませんから、一手間を残すだけで、料理の出来映えがグッと引き立ちます!

冷凍野菜を駆使する!

 冷凍の野菜は、ちょっとお値段も張りますし、味にも疑問が有るかも知れませんが、これ程便利な食材もまた無い物で、とことん使ってみてはいかがでしょうか?

 例えば味噌汁を作るとして、出汁をとり、味噌を溶く。

 ほぼツーステップで、作れてしまいます。え?具が入って無い?味噌を溶く前に沸騰した出汁に入れるだけですから、手順に入れる程の労力じゃ無いのですよ。

 味噌の後に、刻み葱(これまた冷凍)をパラッと入れる。

 立派な味噌汁の出来上がりです。

 注意点はただ一つ、家族に見られない事、それのみです。手抜きだって誤解されるのは、不本意ですかね。

 生活の知恵は、手抜きじゃ有りません!

 味噌汁と云えば、油揚げも冷凍保存が利きますので、お試し下さい。

 

乾麺の底力を知る!

 保存の利く、食べ物は限られます。

 晴れ間の買物時には米を忘れてはいけませんが、実は最大の戦力は乾麺だったりします。 

 米食では必ず、おかずが必要不可欠、副菜も、汁物も作らなければいけない!

 乾麺ならば、そうめんはキュウリやハムとか欲しいものですが、発想を変えて温かく食す。にゅうめんです。

 味気無いかも知れませんが、上で紹介した冷凍の刻み葱を、パラッと、どうですか?夕食にならなくとも、昼食には上等です。

 コレがうどんならどうでしょう?蕎麦だって良い!

 昆布で出汁をとって、薄口醤油などで味付け、同様に冷凍保存した揚げを甘辛く煮て、乗っける。関西風うどんの出来上がり。

 ちょっと味気なく感じますが、腹をくくれば立派な夕食ですよ。

 パスタの類も大活躍してくれます!

パンも凍らせてしまう!

 梅雨の季節、一番気を付けたいのがカビ!

 カビによる一番の被害者は、パンじゃ有りませんか?

 夕食にはあまり適さないですが、毎日の食事は三食、朝食だって日々の買物の対象です。

ただし、トーストにする事が前提です。

 冷凍されたまま、トースターに入れて焼いて食べられます。

 これで、買い置きしても、一人暮らしで1斤買っても、安心です!

おわりに

いかがでしたか?憂鬱な梅雨も、ちょっとの工夫で快適になります。皆さんぜひお試しください。

関連記事