2011.05.13

ジメジメに負けない!梅雨の時期をなんとなく気分快適に過ごすコツ



雨が続いて気分が滅入ってしまいそうなとき、
こんな気分転換をしてみてはいかがですか。

梅雨の時期に行っている気分転換の方法を紹介します。

梅雨とは何か考えてみる

1年に1度は必ずやってくる、梅雨の時期。

毎年この時期に憂鬱になるのは、もったいないです。
そこで、そもそも梅雨はなぜあるのか考えてみましょう。

インターネットで「梅雨」と検索してみてもいいですし、
夏が好きな方は「夏がくるための梅雨」と考えても良いでしょう。

梅雨に自分なりの意味を見いだせたら、
この時期を少し違う目で見ることができます。

梅雨はお肌を保湿してくれる時期

梅雨の時期は、空気の乾燥を防ぐ事ができます。
つまり、お肌によい時期だと言えます。

そう思えると、嫌いな雨が嬉しい雨に変わります。

晴れてる日は外にでよう

晴れている日はなるべく外にでるようにします。

会社のお昼休みの時間など、短くてもいいので外にでると良いでしょう。
雨が続いていて滅入っていた気持ちを、リセットすることができます。

晴れている時は、気分転換のチャンスと捉えましょう。

お気に入りの傘をみつける

お店でお気に入りの傘をみつけて買ってみましょう。

好きな色、好きな柄、形など、自分がわくわくするような傘を探してみましょう。
いろいろとお店で見ているだけでも、楽しい気分になれます。

お気に入りの傘があると、雨の日でも楽しく過ごせます。
使っているうちに、傘を広げるのが楽しみになってきて、
梅雨の憂鬱な気分が薄れてくるでしょう。

雨の日に必ず使うものなので、気分転換にとても効果があります。

とにかくのんびり過ごす

雨だからでかけられないし、洗濯などの家事もできない。
そう割り切って、のんびり過ごすのはいかがでしょうか。

撮りだめしている番組を見たり、好きな音楽をきいたり、
長電話をしてみたり、だらだらとネットサーフィンをしてみたり…。

贅沢に、雨音をBGMにしておやつを楽しんでみたりするのもおすすめ。

梅雨という時期を逆に利用して、リラックスタイムを過ごしてみましょう。

関連記事