2016.06.05

「不倫は若いうちにしといたほうがいいよ」これって本当?

ゲスの極み乙女。の川谷絵音とベッキー、乙武さん、とにかく明るい安村・・・と有名人の間でもここ最近何かと話題になりがちな不倫問題。

失ったものが慰謝料だけならまだしも、有名人なだけに失ったものは多いようでしたね(特にベッキーはレギュラー番組やCMの本数が多かっただけに大打撃でしたよね)。

よく「不倫は若いうちに済ませておくべき」などと言われていますが果たして本当にそうなのでしょうか?若いうちに不倫をしておけば本当に彼らのようにならずに済むのでしょうか?
今回は、そのウソ・ホントを知るべく不倫の実態をご紹介します。

・不倫は民事で訴えられる

まず、不倫はただのカップルの浮気(つまり未婚の人同士)とは違い、不倫された側の女性(男性)が不倫した夫(妻)の「相手」を訴えることができます。

そして慰謝料の相場は「離婚も別居もせず,夫婦関係を継続する場合50万円~100万円」
「浮気が原因で別居に至った場合100万円~200万円」「浮気が原因で離婚に至った場合200万円~300万円」となっているそうです。

そして重要なのが、この慰謝料は相手の女性が学生でも発生するということです。うっかり既婚者を好きになってしまったハウコレ読者の皆さん…。一度冷静に考えてみてください。
300万円払ってまでも、その彼とはお付き合いをしたいのですか?

・狭いコミュニティだと後々面倒

「友人が職場の上司と不倫をしていて結局会社の人たちにばれてしまったようです。
上司の奥さんは不倫のことにまだ気づいていないようですが、結局その子は気まずくなって会社を辞めてしまいました。」(24歳/女性/営業)

「不倫の鉄板」とも言える上司と部下という関係。こういう場合、職場を去らなければいけなくなってしまうのは結局、立場が下である、若い女性の方なんですよね。さんざん苦労して入った会社をこのような形で辞めることになってしまって本当に良いのでしょうか?

また、社内不倫の場合、社内の誰かが不倫相手の奥さんにリークすることだって十分にあり得ます。そのようなリスクを負ってまで不倫をするべきでないと言えますね。

・奥さんとはまず別れない

「友人で不倫経験のある子が何人かいるけど、不倫相手が奥さんと別れて友人と結婚したって話は1度も聞いたことがない」(23歳/女性/デザイナー)

いわゆる「卒論」提出問題ですね。「子供が成人するまで待ってくれ」「妻との仲は冷え切っている、会話もろくにしていない。」・・・もはや鉄板すぎるとも言える不倫男の言い訳。
離婚は非常に面倒な作業です、まずあり得ません。期待するだけムダな可能性が高いです。

・同世代との恋愛がしづらくなる

「周りで不倫している子の相手の男性って大体年上じゃないですか、そうなるとやっぱりお金もたくさん持っているし甘やかしてくれるんですよね。」(27歳/女性/総合職)

いちどお金も余裕もある年上の男性の良さを知ってしまうと、同世代との恋愛が難しくなってしまうのかもしれませんね。お金も余裕もある年上の男性とそのまま結婚できれば良いのですが、不倫の場合はそうはいきません。行動を起こす前にいちど冷静に考え直してみましょう。

・時間をムダにしてしまう

「学生時代のバイト先の社員さんで、取引先の人と不倫をしていて30過ぎて別れた人を知っています。
本人は婚期を逃したと嘆いていたけれど、少し自業自得の部分があるのかなって思いました」(28歳/女性/販売)

20代の女性と言うのは恋愛市場において最も相手を選べる立場にあります。そんな素晴らしい時期を不倫に費やして本当に良いのでしょうか?

あなたに結婚願望があるのであればなおさら不倫をするべきではないと言えるでしょう。

おわりに

こうしてみると、若い頃にしたとしてもデメリットしかない不倫。既婚者に片思い中の方は行動に移す前に、今一度、冷静に考えてみるべきかもしれませんね。(ばやし子/ライター)

「浮気・不倫の慰謝料の相場は?」(アディーレ法律事務所)
http://www.adire-isharyou.jp/special/01/

(ハウコレ編集部)

関連記事