2016.06.05

―あのコの恋愛事情― #彼を逃がしたくないなら気にしたい袋たち 編

皆さんこんにちは。15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上あいこです。ネイルサロンは不思議な空間。

手を握り合っているからなのか、リラックスした密室空間がそうさせるのか、秘密の内緒話しを打ち明けて下さる方がとても多い場所でもあります。
そんなサロンワーク中のみんなの恋のお話を切り取ってお送り致します。

※許可を頂いたものだけ掲載しています。
※個人を特定できる情報が含まれないよう職業等にフィクションも織り交ぜています。ご了承ください。

◇胃袋と〇袋を掴む

今回はしょっぱなからちょっとお下品なワード使用ですが、文章を読みながら「〇」の部分はイメージして頂くとして「胃袋と〇袋をつかむ女が最強伝説」についてお伝えしたいと思います。

昔から「男の胃袋をつかめ」といいますが、実は彼が持っている袋はふたつ!(正確にはみっつ)胃袋だけつかんでいても足りないんだとか。つかむべき袋は胃袋だけにあらず!(あぁ、下品な予感)

◇料理上手に床上手ってやつですね

「彼の〇袋をつかんだだけで『こいつ、最近どっかで出してきたな』とわかるくらい、彼の〇袋の状態を把握できる女は男を逃がさないって言われたんだけどこれって本当だと思う?」上品な顔立ちで真剣に聞いてきたリコさん。

「胃袋の具合いを考えつつ食事を出して、〇袋の具合いを確認しつつ床に付き合う」
男がもつふたつの袋(正確にはみっつ)をコントロールできる女は男が逃げないらしい。そりゃそーだ。

お腹のすき具合いや、体調による食の好み、その上で性欲のバロメーターまでしっかり観察して適応されてしまったら、男の人は楽チンで離れたくなくなるに違いない。

しかも、リコさんのような上品な顔立ちで、胃袋と〇袋について日々真剣に考察されるのだ。なんか、かいがいしいではないか。よく「母親のようになってしまって」恋が終わる人は、胃袋の心配しかしていないのだと思う。人間の欲は食欲だけじゃない。

胃袋だけを心配していたら間違いなく「お母さん」だ。「いつの間にか彼の母親のようになっていた。」を防ぐためにつかむべきは「〇袋」なんだきっと。

◇おわりに

出し過ぎで軽いばかりでもダメ。溜まりまくって重い状態でもダメ。胃袋にしろ〇袋にしろ、男の袋の把握はなかなか難しい。

「食事も性欲も健康に結びつく大切な部分ですし、胃袋はもちろんとして彼の〇袋も真剣に考察してみようと思います。」リコさんが言うとどこまでも上品なお話しに聞こえますが、すごいこと話してますね、とふたりで笑ってしまったこのお話し。

胃袋だけに集中している皆さん。
毎回「彼の母親みたいになってしまう」と思ってる皆さん。要注意ですよ。つかむべき袋はふたつ(正確にはみっつ)。覚えておいてくださいね。(川上あいこ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事