2016.06.06

心理学に学ぶ!初対面でも彼の心を「グッと」掴む会話テク4つ

こんにちは。セルフトレーニングコーチのNaoです。
魅力溢れる潤い美人になる自分自身のためのセルフトレーニング、一緒にしましょ!

「あの人、私の好みにぴったり!」な彼を見つけたら、初対面でもぐっと距離を近づけたいですよね。

そんなときは、心理学を応用したテクニックを使って、お互いに安心して想いを打ち明けられる雰囲気をつくりましょう。そうすれば、彼との会話を盛り上げることができますよ。

■動作を真似て、さりげなく親近感を

彼が飲み物を持ったら、自分も飲み物を持つ。彼が顔を触りながら話していたら自分も顔をさりげなく触る。

こんなふうに、彼と同じ動作を取り入れましょう。無意識のうちに親近感を感じさせることができます。

ただし、全ての動作を同じように、同じタイミングでおこなうとさすがに「この人、俺の真似をしてる……?」と不信感を抱かせてしまいます。やり過ぎには要注意。

ちょっと遅れてからさりげなく彼と同じ行動をして、「しぐさが似ているのかな?」「タイミングが合うな〜」と感じさせましょう。

■ふたりのペースをつくる「呼吸合わせ」

彼が早口なのに、こちらはゆっくり。逆に、彼がマイペースなのにこちらがマシンガントーク。

これでは、「気が合わないな〜」と思われやすくなります。会話をリズミカルに進めて「話しやすいな!」と思わせるためには、ペースを合わせることが大切。

彼の話すスピードや息継ぎのタイミングに合わせて、なるべく同じようなペースで話しましょう。

■「会話まとめ」で安心感を与える

「初対面だと、何を話したら良いのか分からない」「話が途切れて沈黙の時間ができてしまう」
そんな場合は、彼の話を要約して返す「バックトラック」というテクニックが便利。話した内容を繰り返すことで、彼が「俺の話を、興味をもって聞いてくれている」という安心感を抱きやすくなります。

「高校のとき、サッカー部だったんだよね」という彼には、「サッカー部だったんだぁ!」。「あのとき、本当にびっくりしたよ〜」という彼には「◯◯に驚いたんだぁ!いきなり◯◯なんて、びっくりしちゃうよね」などなど。

自分の言葉に言い換えて彼の話の内容を返すと、彼は「うんうん、そうなんだよね」「そう!」などと、肯定的な返事を返すようになります。

会話の中で「そうそう!それが言いたかったんだよ!」と“相手が自分の話をわかってくれている実感”を得られると、安心して「もっと話したい」と思ってくれますよ。

■言葉のクセを見極める

論理的に順序立てて話すことが得意な人や、身振り・手ぶりをふんだんに使って話す人、「バリバリ仕事をするよ」「もくもく煙が上がってたよ」など擬音語や擬態語をたくさん使って話す人……。
話し方には、その人の“考え方のクセ”が表れますよね。

彼の話し方をよく聞き、彼がよく使うワードや身振り・手ぶりを使って話すようにしてみましょう。彼の頭の中にスッと入り込むことができるので、「すごく話しやすいな」と感じさせやすくなります。

■話し方次第で距離はぐっと縮まる


どうせ同じ内容を話すなら、もっと安心して、もっと楽しく話して盛り上がりたいですよね。

彼の動作や呼吸、話し方をよく観察すれば、彼が心地よいと感じる話し方ができて、彼のことをより深く知ることができます。
「この人と仲良くなりたい!」というときに、ぜひ実践してくださいね。(Nao Kiyota/ライター)

(ハウコレ編集部)
(島村遥/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事