2011.05.17

適当に選んで後で後悔したくない!まずは探偵気分で調査?!アルバイトを探す時に注意したいこと

進学が決まり新生活を送り始めた皆さんは、この先長い学生生活を送るにあたって、ご両親の負担を少しでも減らしたいとか、生活の足しにお小遣いを稼ぎたいと思う事があるでしょう。

 

よい社会経験にもなりますし、いろんな人との出会いもあるアルバイト。

 

いろんな職種がありますので、始める前にどのアルバイトが自分に一番合っているかよく考えてみましょう。

まずはお客を装ってお店に入ってみる

一人でもいいですし、お友達と一緒でもいいです。

まずはお店を利用して、お仕事の内容や働いている人の態度を観察してみましょう。

 

せっかく働くなら楽しく働きたいもの。お店の人は終始笑顔で明るく対応していましたか?お店の中はきれいにお掃除されていましたか?



 

アルバイトの内容を確認する

お店の雰囲気が分かったら、お仕事の内容を具体的に確認してみましょう。

店頭に貼りだされている、時間帯や時給などの条件、曜日の条件はあなたに合っているでしょうか?

 

詳細を書いていない張り紙だったら、電話か直接出向いて内容を聞いてみるのもいいでしょう。

 

例えば、

 

「週3回と張り紙に書いてありますが何曜日でも大丈夫でしょうか?」

「時間は何時から何時までを希望していますが大丈夫でしょうか?」 など。

 

また、アルバイトを毎日やる場合にはお休みの取り方を聞いておくのもいいでしょう。

 

まずは挨拶をきちんとすること。学校の名前や自分の名前を名乗り、アルバイトについてお聞きしたいことを伝えましょう。
もし条件に合わないときは、無理をせず次のチャンスを探しましょう。

履歴書を書く

まだ働いたことがない学生さんであれば職務経歴書まで書く必要はありませんが、履歴書はしっかりと丁寧な字で書きましょう。

 

書く時はボールペンを使い、誤字・脱字をチェックし、間違えたら初めから書きなおす位のつもりできれいに書きましょう。修正テープなどは使わないほうがベターです。

 

きちんとした会社だと履歴書をじっくりと確認されます。

書き漏れはないかも提出前に要チェックです。

 

曖昧な点はないか・・学歴で1年ブランクが空いていたりすれば理由も聞かれます。

たとえ、中学や高校を病気などで1年遅れたとしても、「なぜ、1年間遅れているのですか?」という質問がされても毅然とした態度で誠実に受け答えが出来ればいいのです。

 

またどんなに癖がある文字を書く人だとしても、丁寧に書いているかどうかはすぐ分かります。一所懸命丁寧に自分を伝えたいという熱意が感じられる履歴書を書きたいですね。

 

写真は正装に近い服装で撮影しましょう



 

 

適正検査・面接

面接もせずに履歴書も見ないで即決!という会社やお店はあまりお勧めしません。

そういう場合一人で不安だったら必ずご家族や先輩、お友達に相談して下さい。

やたら高時給であったり、簡単に採用が決まるいい話にはちょっと裏があると慎重になるべきです。

 

 

面接の前に適性検査をする会社があります。

臆せず落ち着いて受けましょう。

 

適正検査というのは、マルバツ式の簡単なワークシートだったり、図形問題だったり、実際に何かの問題が出されたり・・・その職種に適した人材を見抜くために行われるものなので、成績のよい人から採用される確率が上がります。

 

万一、適性検査で落ちて面接もしてもらえなかったという場合は、その職種についてもきっと大変な思いをすることが多いので、すぱっと切り替えて自分に合ったところが見つかるまで色々チャレンジしてみましょう。

 

運よく面接までたどり着けたという場合は、面接時間を厳守し、あまり派手にならない服装、会社によっては正装(スーツ)で訪問し、採用担当者から聞かれたことに対してきちんと答えましょう。

 

面接になると緊張して聞きたいことがほとんど聞けなかったということもあります。

質問事項をあらかじめ手帳に書いていき、メモを取りながら質問しましょう。

 

おわりに

採用が決まったら、本業である学校の勉強がおろそかにならない程度に調整しながら頑張ってください。

 

学校のテストや大切な試合の前日練習など、学校の行事と重なると都合が悪くなる場合もあるでしょう。

しかし会社やお店など採用側では急に前日や当日に言われても困るものです。

 

自分のスケジュールを事前に管理し、1週間位前までに担当者にお休みの申請をしましょう。また、自分がお休みの日には他の人が働いていてくれます。後できちんとお礼も言いましょう。

 

アルバイトで新生活が潤い、出会いも増えて、楽しい思い出を沢山作れるといいですね。どうか体調管理に気をつけてくれぐれも無理のないように頑張って下さい!

関連キーワード

関連記事