2016.06.08

戻ってきてくれぇ!「復縁をしたい男」がよく取る4つの行動

別れた恋人と「ヨリを戻したい」と思っているときって、どうすればいいのか色々と考えてしまうものですよね。

連絡をとってみたり、少し距離をおいてみたり、人それぞれ色々な手段を取ることでしょう。
では、男性は別れた彼女と復縁をしたいときには、どんな行動を取るものなのでしょうか?

そこで今回は、「復縁をしたい男」がよく取りがちな行動について紹介します。

1.「付き合っていた頃」の話をする

「元カノに未練があったら、付き合っていた頃の話をしちゃうかも」(27歳/営業)

「楽しかったデートの話とかをする。付き合っていたときの気持ちを思い出してもらおうという作戦です」(26歳/IT)

元カレが、付き合っていた頃の思い出のデートとか旅行とかの話をしてきたら、まだ未練があるのかも。

あの頃の楽しかった日々を思い出させて、もう一回やり直す気持ちになってもらおうとしている可能性は高いですよ。

そもそも、付き合っていた頃のことをいくつも思い返している時点で、その彼はあなたのことを全く忘れられていないでしょうね。

2.酔って「LINE」をしてくる

「まだ好きな場合は、酔った勢いで元カノによく連絡しちゃいます」(26歳/マスコミ)

「お酒の力を借りて、別れた彼女に連絡しちゃうことはよくあります」(31歳/メーカー)

酔ったときに、好きな人に連絡をしちゃうというのはよくある話。
酔うと人恋しくなるうえに、お酒の勢いを借りることで、気も大きくなりますもんね。

男性はプライドが高いので、復縁したいと思っていても、なかなか自分から連絡なんてできないもの。

だからこそ、酔っぱらった勢いでLINEを送ってしまうのです。
酔っぱらいLINEの回数が増えてきたら、それだけ復縁したいという思いも高くなっているのでしょうね。

3.「活躍」を報告してくる

「やっぱり仕事で大きな成果を出したら、それを報告したくなっちゃう。それで見直してもらえたら、やり直せるかもしれないって思っちゃいますからね」(29歳/不動産)

男性は単純なので、たとえば社会人なら仕事で出世や活躍をして成果を残せば、女性は惚れ直して戻ってきてくれると思っているもの。

なので、元カレが「俺、部長に昇進したんだ」なんて報告を聞いてもいないのにしてきたら、復縁ねらいの可能性アリかも。
「あの頃より成長したぞ!」というアピールには、「だからやり直そう」という気持ちが隠されているんですよ。

4.「彼女がいない」アピールをしてくる

「復縁をしたかったら、まずいまは自分に彼女がいないということをちゃんと伝えますね。『彼女がいるかもしれない』って絶対に思われたくないですからね」(30歳/営業)

別に恋愛の話なんかしていないのに、「彼女いないアピール」をしてきたら、あなたへの気持ちがまだある証拠。
好きな女性から「彼女がいる」って思われてしまったら、男性はアプローチしづらいですからね。

また、やたらと「寂しいアピール」や「彼女ほしいアピール」をしてくるときも、復縁をしたいと考えている可能性大です。
男性はなかなかハッキリと「やり直したい」なんて言えませんから、こうやって遠回しに伝えてくるんですよ。

おわりに

もしもあなたが、元カレとやり直したいと考えているのなら、今回紹介した男性の行動を見逃してはいけません。

これに気づいてあげられないと、復縁のチャンスを逃してしまいますよ。(山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事