2016.06.08

会えないときこそ伝えて!頑張る彼を癒やす「天使のささやき」4つ

こんにちは。セルフトレーニングコーチのNaoです。
魅力溢れる潤い美人になる自分自身のためのセルフトレーニング、一緒にしましょ!

彼が仕事に一生懸命で、なかなか会えないとき。彼の疲れを癒してあげたいけれど、「LINEや電話も迷惑になるので」はと躊躇してしまいますよね。

でも、疲れているときこそ温かい一言は心に刺さるもの。返信や行動を強要しない“さりげない一言”で、彼の疲れを癒してあげましょう。

■ねぎらう「今日もお疲れさま」「頑張ってるね」「◯◯してるんだ、すごいなぁ!」

特に用事はないけれど「お疲れさま」という一言を送ってくれる優しさは、疲れた彼の心に染み渡ります。

同様に、「いつも本当に頑張っているね」「最近は◯◯をしているんだ」などの努力を認める言葉がけもおすすめ。「わかってくれる人がいる」という安心感を与えることができる素敵なセリフです。

■心配していることを伝える

「風邪ひいてない?」「最近、疲れてるんじゃない?」

彼の健康を心から気遣うことができるのは、家族や彼女など“親しい人”の特権。
言いすぎては煩わしくなってしまいますが、「ちゃんと栄養あるもの食べてる?」などの言葉がけも「俺のことを本気で心配してくれているだ」と感じさせるセリフです。

■自分も頑張る

「◯◯くんが頑張っているから、私も△△する!」「見習わなくちゃ」

頑張っている彼の助けになってあげたいと思っても、実際にできることは少ないですよね。

そんなときは、お互いに前を向いて“一緒に頑張る”のがおすすめ。一緒に苦難を乗り越えている実感は、お互いの絆を深めます。

お互いを高め合える関係づくりは、ふたりの人生を幸せに導くための重要なポイント。言葉にして実感できるようにしたいですね。

■自分にできることがないかを尋ねる

「私にできることがあるか分からないけど、何かあったらいつでも言ってね!」「私に手伝えること、あるかな?」

後ろからそっと支えてくれる相手がいるという実感は、大きな安心感と癒しを生み出します。「あなたのために、できることをしてあげたい」という気持ちを、素直に伝えてあげましょう。

ただし、「大丈夫」という彼に「そんなことないでしょ!手伝ってほしいことあったらちゃんと教えてよ」としつこく聞くと彼を余計に疲れさせてしまいます。

一人でリフレッシュすることが好きな彼には、“そっとしておくこと”も大切な贈り物。気遣いを伝えた上で、不要だと分かったらそれ以上詮索しないようにしましょう。

■最後に


これらの言葉がけが“さらっと”自然にできる女性はとても素敵ですよね。
返信を期待するようなメッセージでは、彼を余計に疲れさせてしまうこともあるので、“さりげなく伝える”ことを大切にしましょう。

言葉も、言い慣れなければぎこちなくなってしまいます。「この気持ちを、どんな言葉で伝えよう?」とアンテナを張ってボキャブラリーを増やしていくことで、女性としてのサポート力を高めていきましょう。(Nao Kiyota/ライター)

(ハウコレ編集部)
(島村遥/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事