2016.06.11

アタックは「させる」もの!男性の恋愛意欲を高める女の言動とは?

こんにちは。セルフトレーニングコーチのNaoです。
魅力溢れる潤い美人になる自分自身のためのセルフトレーニング、一緒にしましょ!

「男性と“良い感じ”にはなるんだけど、恋愛には発展しないのよね……」
そんな場合は次の4つのポイントを意識してみてください。「どうしてもまた会いたい!」「もっと知りたい!」と思われる女になりましょう!

1.男をたてる・褒める・大切にする

わかっていても、ついつい忘れてしまうのがこれ。
「男なんだから」「何でこんなこともできないの?」なんて発言はNG。
プライドの高い男性ほど、バカにされるのが嫌いです。厳しい社会で頑張っている男性を褒め、たてる存在になりましょう。

また、最初のうちは気遣いができても、慣れてくると「どうしてわかってくれないの?」「ちゃんと私のこと考えてよ!」と自分のことばかりになってしまいがち。
「いつもお疲れさま」「少しでも時間を作ってくれてうれしいな」と広い心で受け止められる女性は、やはり一味違います。

2.最初のうちは、自分をさらけ出しすぎない

女性はおしゃべり好きな人が多いため、ついつい自分のことを話し過ぎてしまいます。

でもここが落とし穴。「もっと知りたい」「また会って話さなければ」と思わせるためには、ミステリアスなの部分が必要なのです。

嘘をついたり、質問をされても答えずに秘密にしておく必要はありませんが、出会ったばかりのうちは急いで全てをさらけ出さないでOKです。

3.メッセージや電話を「自分から切る」

これも、男性に「急いでアタックしなきゃ!」と思わせるポイントの1つ。相手が電話を切るまで雑談を続けたり、いつ電話をしても出るような女では「はやくアタックしないと、他の男に取られてしまうかも!」と焦ることはありません。

電話やメッセージを「じゃぁ、ちょっと用事があるからまたね」と切ることで自分と過ごす時間以外の“未知の部分”ができます。

すると「モタモタしていては、他の男に取られてしまうかもしれない!」と焦りを感じやすくなります。

4.デートの誘いを断る

「何回かデートをするところまではいくのだけど、だんだん間隔が長くなり、そのうち誘われなくなる……」

このパターンに陥りやすい人は、何回かに1度、デートの誘いを「ごめんね、その日は他に用事があるの」と断りましょう。

“いつ誘っても会いに来る女”だと認識されると、「急いで誘わなくても良いか」「いつでも誘えるしね」と思われてしまいます。

■都合の良い女にならないこと


男性に「もっと全力でアタックしなければ!」「どうしても手に入れたい!」と思われる女性は、“いつでも手に入りそうな都合の良い女”ではありません。

時には「ん?この人、こんな一面ももっているのか!」と驚かせたり、「頑張らないとなかなか会えないのかな」と焦らせたり、「もっと知りたい!」と思わせることが大切。男性の恋愛意欲をくすぐる女になりましょう。(Nao Kiyota/ライター)

(ハウコレ編集部)
(吉木千沙都/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事