2016.06.14

知ってるようで知らない!?日常生活に活かす干支占い-未年の恋愛編-

日本でも馴染み深い「干支」は古くから中国で使われていたもので、12周期で月を数えるための記号でしたが、それをもっとわかりやすくするために、動物を用いたとされています。

そんな十二支は月だけではなく、年や日・時間・方位などにも活用されてきました。それほど私たちの生活に馴染みがあり、浸透している干支ですが、意外とその性質や相性は知らないもの。

そこで今回は、干支による日常生活に活かした恋愛運UP術をご紹介致します。

1.未年の性格

未年生まれのあなたは、思慮深く人情味もあり、どちらかというと大人しいタイプが多いとされます。

そのため、人と対立することを好まず、人と人との繋がりを大切にすると言えるでしょう。
少し、自分ひとりで抱え込んでしまうところがあり、チャンスを逃してしまうこともあるかもしれません。

そんなあなたに必要なのは、相談できる友人や家族。あなたに自信を与えてくれるはずです。もともと内面的な強さはあるので、成功を手にする人も少なくないでしょう。

2.未年の恋愛運

未年のあなたの恋は、一言で言うと「誠実」。しかしその反面、やや重いと思われることもあるかもしれません。
とにかく相手を一途に愛し続けるため、浮気に走るようなことは、まずないでしょう。

好きな人とはいつも一緒にいたいと思うところがあるので、ラブラブなうちは良いのですが、一旦関係がこじれると、途端に嫉妬心や独占欲が出てきてしまいます。

もともとの性格はマメで尽くし型なので、寛容さを持つことでさらに愛されるはず。

3.未年のあなたにとって相性のいい相手

【寅年の男性】
寅年生まれの男性は、気遣いの達人。一緒にいるとお姫様扱いされているような気持ちになれそう。あなたにないプライドの高さも持っているので、憧れの存在と言えます。

【卯年の男性】 
卯年生まれの男性は、あなたの欠点を補い、長所を伸ばしてくれる有難い存在。自分の本音をさらけ出すことができるので、長く付き合える相手と言えます。

【午年の男性】
午年生まれの男性は、初対面なのに昔から仲のいい友達のような印象を感じるかもしれません。情熱的な恋愛に発展する可能性があると言えます。

4.未年のあなたにとって努力が必要な相性

【子年の男性】 
子年生まれの男性は、初めは仲が良いと言えるでしょう。しかし、感情的なあなたと理屈っぽい彼とでは、付き合いが進むにつれてすれ違いが多くなりそう。

【丑年の男性】 
丑年生まれの男性は、関係が深くなるほどケンカが起こりやすい相性。ある程度一定の距離を置かないと衝突しがちに。話し合いを大切にしましょう。

【戌年の男性】
戌年生まれの男性は、行動力があり頼りになるのですが、頑固なところがあなたにとっては窮屈かもしれません。言葉がキツいので、未年は傷ついてしまうことも。

おわりに

いかがでしたか?干支でみる自分の本質的な部分や、彼の特長や傾向を知っておくことで、より良い関係を築くことができるはず。

意外と知られているようで知られていない干支の相性。ぜひ参考にして、彼とのお付き合いに役立ててみてください。いまよりももっと仲良くなれるかもしれませんよ。(月星ルナ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事