2016.06.18

デコ好き女子必見!デコ盛りネイル2016-盛っても大人っぽい指先のポイント

皆さんこんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上あいこです。

あえてかわいい言い方をしますが「女の子」は小さい頃からキラキラやピカピカが好きですよね。お財布やバッグ、ミラーやペンなど、ついついキラキラしたものを手に取ってしまいませんか?

ネイルも「子供っぽいかな?」なんてためらいつつ、デコネイルをセレクトされる方はたくさんいらっしゃいます。いいんです。好きなものに囲まれている時間は幸せなものです。でもやっぱり、ちょっとだけ気にもなりますよね、「子供っぽくなりすぎてないかな?」と。

「大人のデコネイル」とでもいいましょうか?指先をデコりつつも子供っぽくならないデザインにはポイントがあるのです。

◇メインを決めよう


デコネイルってやみくもに好きなものを乗せているイメージがありますが、実は色合いの組み合わせがとっても難しいデザインです。土台となるネイルのカラーを基本に、ごちゃごちゃしすぎない組み合わせで大きさのバランスも見ながらデコっていきます。

ここで色をいれすぎると、ラーメンの「全部のせ」みたいな仕上がりに。全部のせって、おいしいのかもしれませんが見た目は美しくなりません。アレと同じ状態になってしまうんです。

上手な組み合わせは「大きなものを5コ選ぶ」こと。1本の指にひとつ、メインとなるパーツを乗せたら、それに合わせてデコっていきましょう。
5コのパーツのテイストがバラバラでも、指の上で納まればそんなにガチャガチャなデザインには見えません。

◇カット面を光らせて


ネイルパーツによってカット面はさまざまです。カット面が多ければ多いほど光るわけですが、カット面の少ないものだと「玉」に見えてしまうので、ジュエリーっぽく光るパーツがおすすめです。

付ける際、上からジェルをかぶせてしまうとカット面が埋まってしまってキレイに光らなくなるので、土台面でしっかり止めることにして、ジェルコートはなしでフィニッシュしましょう。

◇ブランドカラーでも


高級感といえばブランド!ブランドカラーは高級感が一気に増しますね。参考商品としてブランドモチーフに似たパーツもありますが、1つ付けるだけでもなんだか格段に「大人のネイル」になります。

◇「目」は付けない

キャラクターのネイルパーツも1つならかわいいのですが、クマ、ウサギ、ヒツジ…..と「目」のあるものを何個も付けると一気にPOPさがUPします。大人っぽく責めたい場合は「目」の数に注意しましょう。

◇おわりに


10年以上ネイリストをやっている筆者ですが、デコネイルに全然飽きません。女子には「これでもかっ!」と盛りたいときが必ずあるものです。

「子供じゃないんだから」なんて言わせません。20歳を過ぎた「大人のデコネイル」楽しむ方法はたくさんありますので、おばあちゃんになってもときどきはデコネイルを楽しみましょうね。(川上あいこ/ネイリスト)

【写真提供】
Nail & School  Coeurdufer
-ichigao&daikanyama-
http://www.coeurdufer.net/

(ハウコレ編集部)

関連記事