2016.06.18

あなたが彼を萎えさせてる!?ラブホでのNG言動・4選

「彼氏とラブホに行くのは何だか特別な感じがして好き!」という女性はいませんか?
特にお互いが実家暮らしの場合、「周りを気にせずイチャイチャできるのはラブホしかない」ということもあるはず。

でもラブホというデリケートな場所だからこそ、やってはいけない行動もあるのだとか。
そこで今回は「ラブホでのNG言動」について20代男性からのアンケート結果をもとにまとめてみました。

1.テキパキしすぎ

「彼女と初ラブホに来たんだけど、彼女がお風呂を沸かしたりドライヤーをセットしたりとかなりテキパキ行動していた。
『今まで何回も元カレと来ているんだなぁ…』と思ったらなんか萎えた。」(21歳/大学生)

彼女が彼以上にテキパキ行動していたら、男性もちょっと嫌な気持ちになってしまうでしょう。

しかもそれが彼との初ラブホだったらなおさらです。最初のうちは自分から率先して行動するのではなく、彼に任せておいたほうが良いかもしれません。

2.話が噛み合わない

「『前ここのホテル一緒に泊まったよね!』と彼女から言われたけれど、俺は今カノとはまだ休憩でしかラブホを利用したことがない…。一体どこの男の話をしているんだ?」(27歳/不動産)

「元カレと今カレとの記憶がごっちゃになってしまい、彼に不信感を抱かせてしまった…」なんていう女性の失敗談もたまに耳にします。

「ついうっかり口を滑らせて、彼を怒らせてしまった」なんてことがないよう、ラブホをいつ誰と利用したのかしっかり頭の中に入れておきましょう。

3.エッチなムードにさせない

「ラブホに来ているのにTVを真剣に観たり、カラオケをはじめたりする子。結局エッチな雰囲気にならず、消化不良のまま時間が来てしまう…。」(20歳/大学生)

「ラブホに来ても何だかセックスをするのが嫌そうな彼女。どうやらその日は生理だったらしい。分かっていたのならもう少し早く言って欲しかった!」(23歳/理学療法士)

ラブホに行くということは、セックスをすることが大前提としてあるはず。それなのにラブホに来たのにもかかわらず彼女とエッチができなかったら、彼も残念な気持ちになるでしょう。

もし体調が悪かったりしてセックスをする気分ではないのなら、ラブホテルに行く前に彼に伝えておきましょう。

4.写メを撮りまくる

「ラブホで『一緒に写メ撮ろうよ~』って言ってくる彼女の気持ちが良く分からない…。その写真はどうする気なんだろう…。」(26歳/IT関係)

ラブホ自体、基本的に写真としておさめるような場所ではないですよね。寝ている彼を隠し撮りなんかしていたら、それこそ大激怒されてしまうかも。ラブホデートはふたりだけの思い出として心にしまっておきましょう。

おわりに

「彼とイチャイチャするためにラブホテルに行ったのに、帰るころにはお互い口もきかなかった…」なんて事態になったら最悪ですよね。

ラブホテルという特別な空間ではお互いに嫌な思いをしないよう、女性のほうから積極的に気を使うようにしましょう!(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事