2011.05.17

専用メールアドレスを取得してEVERNOTEにファイルを登録する方法

オンラインストレージサービス「EVERNOTE」は、さまざまなファイルをさまざまな方法でクラウド上に保存できます。

保存方法にはブラウザのアドオンを使ったり、専用デバイスを活用したりさまざまありますが、メールアドレスを活用してファイルを登録することも可能です。

EVERNOTEユーザーはアカウントを作成すると、専用のメールアドレスを付与されます。このアドレスは、普段の連絡などに用いるものとは異なります。ファイルをEVERNOTEに登録するために用います。

ではこれを使ってどう登録するのか。登録方法を紹介しましょう。

メールアドレスを確認しよう

EVERNOTEのWebサイトを開き、サインインします。続けて画面右上にある「設定」をクリックします。


「アカウントのサマリー」を開き、「EVERNOTEにメールする」を確認します。するとメールアドレスが表示されています。これがユーザーに与えられたメールアドレスとなります。


なお、「送信用メールアドレスのリセット」をクリックするとアドレスが更新されます。

メールアドレスを使ってファイルを登録しよう

このメールアドレスを覚えておきます(メーラーのアドレス帳などに登録しておくとよいでしょう)。

このメールアドレス宛てに文書ファイルや画像などを添付して送信します。するとEVERNOTEに自動で登録されます。

例えば外出先のPCから文書ファイルをEVERNOTEに登録するとします。このとき、ブラウザを開かずとも、メールに文書ファイルを添付し、メールを送信するだけで登録できるのです。

これまでデータをやり取りしていたメールを活用できるので、操作に不慣れなユーザーでも簡単にEVERNOTEにファイルを登録することが可能となります。

多彩な用途にメアドを活用

メールアドレスを用いるのでさまざまな場所で利用できます。メーラーからファイルを送信するほか、WebメールでももちろんOKです。さらにスマートフォンや、携帯電話からもメールアドレスを使って撮影した写真などを送信できます。

もちろんメールの転送先としてEVERNOTEのメアドを指定すれば、メール本文をそのままEVERNOTEに登録することだって可能です。


さいごに

メールアドレスを使ったファイル登録法は非常にシンプルです。

知人にこのアドレスを知らせておけば、友人からの写真や文書などが随時送られてくることとなります。仕事を共有する場合、文書を蓄積するのにメールアドレスをメンバー間で共有しておくのも効果的です。

簡単に利用できるので、ぜひ専用メールアドレスを効果的に活用しましょう。

関連キーワード

関連記事