2016.06.19

雨の日は片思い進展のチャンス!接近テクで彼との距離を縮めよう!

片思い中や、いい感じの彼がいる時ってどうやって距離を縮めていいか分からないですよね…。

でもこれからの梅雨の季節、もしかしたら雨が恋の味方になってくれるかも!
もし彼と一緒にいる時に雨が降ったのなら、下記のようなことを試してみて。恋を進展させる手かもしれません。

【室内デート】

「ただただ、ソファーにふたりで腰掛けてコーヒー飲みながら喋るのも、たまにはいいかなって思う。相手のことがよく知れて心の距離が縮まった感じ」(29歳/アパレル)

「恋人未満の子とデートの日、雨が降ってて、とりあえずネットカフェに。お互い好きな漫画をひたすら読んでたけど、寄り添ってるだけで結構満足した」(26歳/会社員)

雨の日は無理に外でデートしようとせず、室内でおとなしく過ごすのもいいのでは? そちらの方が、普段話せない話もできたりして、彼との心の距離感が接近できちゃうかも。

また、いいなぁ~と思う女子とは特に何もせず、寄り添っているだけで十分!と思う男子もいるようです。雨の日デートを了承してくれるだけでも、片思いから進展かも?!

【ホラー映画で怖がる】

「ホラー映画を観て『きゃっ…』と腕にしがみついてくる女子って可愛いなぁ~と思う」(27歳/公務員)

「ときたま画面から目をそらしつつ、頑張って怖い映画を観ている女の子をぎゅってしたくなる」(30歳/不動産)

室内デートで映画を見るときにも接近テクが使えます。怖がっている女子は男子的に守ってあげたい存在なのかもしれません。普段甘え下手な女子でもこれなら自然にできるから、ギャップをアピールするチャンス!

ホラー映画の怖い場面で、彼の腕にしがみつき、「この子かわいい!」と思わせましょう。彼の守護本能をくすぐれば恋に発展するかも。

【拭いてあげる】

「好きな子に「大丈夫ですか? だいぶ濡れてますよ!」ってスーツ拭いてもらったとき余計に好きになった」(28歳/証券)

「女友達が『しょうがないなー』ってハンカチ貸してくれた時、ちょっと異性として意識してしまった…」(30歳/営業)

気遣いのできる女子は男子からの好感度高し。彼が雨で濡れてたら、積極的に拭いてあげましょう。ボディータッチは、「ただの女友達」から「恋愛対象の異性」として意識し始めるきっかけになります。

普段恥ずかしくて男性にボディータッチができない女子も、雨水を拭く口実なら彼に触れられるのでは? 男子だって女子に拭いてもらったら嬉しくてどきどき。恋が始まっちゃうかも…?!

【相合傘】

「女性と相合傘とかドキドキして普通に喋れなくなるし、女友達でも異性としてみちゃうかも」(26歳/商社)

「好きな子が傘を持ってなかったから「一緒に駅まで行かない?」って誘ったら、笑顔で「うん!」って。めっちゃ可愛い」(29歳/IT)

相合傘は雨の日の最高の接近方法ですね。もし気になる彼が傘を持っていなかったら、声をかけて相合傘をしちゃいましょう! 

男子も恥ずかしながらもきっと入ってくれますよ。また彼に誘われたら、遠慮せずに傘に入れてもらいましょう。

「親密な人しか入れたくない」と感じるような距離感は、人間誰しも持っているもの。
相合傘を利用すれば、簡単に親密空間に入れますよね。これなら何も思っていない異性でも、あなたを意識し始めること間違いなしです。

【おわりに】

いかがですか?
片思いの時や、いい感じの彼がいるときって、どうやって彼に近づいていいか分からないですよね。

でも雨のおかげで、物理的にも心理的にも、自然に彼との距離を縮めらる可能性大!
鬱陶しい梅雨だけど、恋を進展させてくれる味方かもしれません。気になる彼と一緒のとき、雨が降ったら試してみてくださいね!(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事