2016.06.20

愛にもギブ&テイクが大切?彼にもっと愛される女性像4選

彼にもっと愛されるために、自分磨きをしている女子もおいでかと思います。
でも、もっと男心を知れば、自分を磨くよりもさらに簡単にもっと愛される女子になることができます。

今回は、男心をもとに、彼にいま以上に愛される女性像についてお届けしたいと思います。
さっそく見てきましょう!

1.彼の好みを把握している

「ぼくの彼女は、ぼくの好みをよく把握してくれています。
ぼくが好きな芸能人が出ているテレビを見つけて『今、あの芸能人が出ているよ』と教えてくれたり、あるいはぼくが好きなお酒やその飲み方を把握していてくれたり……こういう彼女のことをもっと愛したいと思います」(25歳/IT)

意外と知っているようで知らないのが、相手の好みではないでしょうか。
自分の好みを彼に押し付けることが楽しい……こういうこともあるかと思いますが、相手のすべてを受け止める、つまり彼のすべてを愛したいと思えば、彼の細かな好みまでわかってくるでしょう。

2.ポイントポイントで頼ってくる

「ポイントポイントで頼ってくるぼくの彼女……もっと愛したいと思います。やっぱり男として彼女に頼ってこられたら、もっと愛してあげないと、と気持ちが引き締まるものです」(27歳/広告)

小さなことであっても、男子に頼ると、信頼と愛情を勝ち得る……
男子スタッフが少なく、ほぼ女子スタッフ……というような会社で働いている女子の中で、要領のいい人は、こんなことをやっていると言います。
女子として生き延びる知恵でありながらも、愛を育む大切なことではないでしょうか。

3.手料理がおいしい

「彼女とどんなに喧嘩をしていても、彼女はぼくにおいしいごはんを作ってくれます。ごはんを食べるたびに、もっと彼女のことを愛してあげたいと思います」(29歳/飲食)

「満腹の効用」とでも言ったほうがいいのかもしれませんが、人って、満腹になれば悪いことをしない(しようと思わない)と、児童養護施設のおばあちゃんが言っています。

おいしいごはんをお腹いっぱい食べると、感謝の気持ちが芽生えて、当然、カップルの仲はいいものになります。
簡単なものでいいので、なにか彼に手料理を振舞ってみては?

4.あの行為の好き度合いが似ている

「ぼくと彼女は、あの行為の好き度合いが似ています。似ていると、相手とあの行為をしたいと思う頻度などがわりと一致して、もっと彼女のことを愛したいと思えてきます」(28歳/建築)

ここは非常に重要なポイントではないかと思います。
彼だけがすごくあの行為が好きで、彼女のほうは好きではないとか、その逆のパターンのカップルって、結局、どこかでつまずくのではないかと、取材を通して感じます。
「自分と同じていどにあの行為が好き」な相手を探すしかないかもしれませんが……。

おわりに

いかがでしたか?
人って現金な一面もあるので、彼女がなにかをしてくれたから、もっと彼女のことを愛したくなったというような証言が目立ちました。
でもそれでいいと思うんですよね。

愛って、もらったり、相手に差し出したり……行ったり来たりしながら少しずつ大きくなっていくものです。

もっと彼に愛されたいとお考えの女子のみなさんは、彼になにかをしてあげるといいのではないでしょうか。
そのうち、ステキなお返しを、彼はしてくれますって!(ひとみしょう/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事