2011.05.23

iPhoneでEVERNOTEを利用する方法


オンラインストレージサービス「EVERNOTE」は、PCのほかにスマートフォンから利用することが可能です。スマートフォンを利用する人の中には、撮影した写真を異なるデバイスで閲覧できるようにしたいと考えている人も多いでしょう。そんなときEVERNOTEを活用すれば、デバイスに関係なく、さまざまな環境で1枚の写真を閲覧することができます。

iPhoneで利用する場合、専用アプリを利用することをオススメします。ブラウザを使ってEVERNOTEにアクセスすることもできますが、操作性はイマイチです。

専用アプリはAppStoreから無料でダウンロードできます。

実際にiPhoneを使ってEVERNOTEにどう登録、サインインするのか。初回時の利用方法を紹介しましょう。

 

アカウント作成しよう

専用アプリをダウンロード後、起動します。トップ画面が開くので、初めての人は「アカウントを作成する」をタップします。すでにアカウントを作成済みの人は「サインイン」をタップします。

 

なお、ここで作成したアカウントはPCでも利用できます。PCで専用ソフトを利用する際、Webブラウザから利用する際も同じアカウントを使い、自分が保存したファイルにアクセスできるようになっています。

 



 

ユーザー登録しよう

「アカウントを作成する」をタップした人はユーザー名などを登録します。メールアドレスやパスワードを入力します。「登録」というボタンが現れますのでタップします。

 

 

登録後、入力したメールアドレス宛てにEVERNOTE登録完了を知らせるメールが届きます。これで利用可能となります。

 

サインインしよう

EVERNOTEのトップ画面を開きます。「サインイン」をタップします。さきほど登録したユーザー名とパスワードを入力してログインします。

専用画面から利用しよう

ログインするとメニュー画面が開き、EVERNOTEを利用できるようになります。


「テキスト」や「スナップショット」「ボイス」などのメニューをタップすると、それぞれテキストや画像、音声をEVERNOTEに登録することが可能となります。

 

なお、画面右下にある「同期」をタップすると、EVERNOTEの設定画面を開き、個別カスタマイズが可能となります。

 

さいごに

登録から利用するまでの一覧の過程は極めてシンプルです。誰でも容易に設定できることでしょう。

 

EVERNOTEはクラウドサービスですので、iPhone内に写真や音楽ファイルなどを保存することでディスク容量を圧迫するのを回避できます。インターネット環境さえあればどこからでも、どのデバイスからでもアクセスできるので大変便利です。
iPhoneユーザーの皆さん、ぜひ一度利用ください。

関連記事