2016.06.24

今からでも遅くない!取っておいたほうがいいカレとの思い出あれこれ・4選

付き合っているとカレとの間には色んな思い出ができますよね。思い出の残し方は色々とありますが、思わぬものが後々使えたり、付き合いたての新鮮な気持ちを思い出させてくれるんです。

今回は、交際歴3年以上のカップルのみなさんから、カレとの思い出で残しておくべき「アレ」を聞いてきました!もちろん、付き合いたてでなくても大丈夫。今日から始めてみてください!

1.現像した写真

「スマホの中にはカレと出かけたときの写真がたくさん入ってるけど、改めて見ることって少ないんだよね。だからお気に入りの何枚かを現像して手帳に挟んだり、部屋に飾ったりしてるよ」(21歳/大学生/交際歴5年)

スマホに高画質なカメラがついているおかげで、何百枚・何千枚と写真を持っている人も少なくないのではないでしょうか?しかし、撮ってそのままにしているという人がほとんどだと思います。

せっかく撮った写真なら、画面ではなく現像して残しましょう!写真ををデータではなくひとつのモノとして残すことによって、写真とその思い出に対する思い入れ、そしてカレへの気持ちが増してくるはずですよ。

2.LINEのメッセージ

「付き合う直前とか、付き合いたてでお互い探り探りのやりとりって後で見るととんでもなくこっぱずかしい内容。でも、付き合いたての頃の新鮮な気持ちを取り戻せるから、たまに見たりする」(24歳/アパレル/交際歴3年)

付き合うまでのお互いの気持ちを確認しあう時期や、付き合って相手との距離感を測っている時期のやりとりって、照れくさいけど楽しかった思い出ですよね。これがマンネリ化を防いでくれる有効な手段になるんです。

今はスクショという手段もありますし、LINEでは転送したりお気に入りのメッセージだけを取っておくこともできます。ぜひ、付き合いたての気持ちを思い出せるメッセージを取っておいてみてください!

3.映画の半券などのチケット類

「デートの行き先の入場券とか、パンフレットとか全部とっておいてる!アルバムを作ったり、手紙を書くときにペタって貼ると完成度が上がって便利!」(23歳/福祉/交際歴3年)

デート先のチケットやパンフレット、もう使い道がないから…とゴミ箱へポイッとしてしまっていませんか?実はそれ、ものすごくもったいないことなんです!

景色や、自分たちが映っていないものだからこそ想像力をかき立ててくれるのがチケット類の魅力。かさばるものではないので、小物入れがひとつあれば十分なのもお手軽ですね。時系列順に並べ、それをカレと眺めながら語らうのもオススメです!

4.手帳

「いつ頃あのデートスポット行ったっけ?イベント、去年はどうしてたっけ?意外と昔の予定をチェックする機会って多い。去年は夏に行ったから冬にあそこへ行こう!みたいな提案もできる」(28歳/美容師/交際歴4年)

手帳さえあれば、カレとのデート先やイベントをどう過ごしたかが一目でわかります。

長い付き合いになるとデートの行き先などもネタがなくなってきてしまうので、手帳を見るだけで昔の自分たちからもヒントがもらえるかも。思い出の宝庫、手帳は使い終わってもとっておきましょうね!

おわりに

いかがでしたか?
簡単に手に入る・間違いなく持っているはずなのに、案外手元にないものが多いですよね。

もしかしたら取ってあるかも!と思ったあなたは、ぜひ今すぐスマホや部屋の中を探してみてください。捨ててしまった…という人も、今からでも遅くありません。ぜひ、これからカレとの思い出を残しておきましょう!(桃花/ライター)

(ハウコレ編集部)
(こいずみさき/モデル)
(泉三郎/カメラマン)

関連記事